2016年6月22日水曜日

6月ってね、米債利回りが反転しやすいのよ。
何故か、ってその理由はよくわからないんだけど、
利回り低下傾向にあれば、ボトムをつけるし、
利回り上昇傾向にあれば、トップアウトしやすいの。6月に。
アノマリーってやつね。

ちなみに2001年以降の15年間どうだったかというと、、、

2001年:6月トップアウト
2002年:6月転換なし
2003年:6月ボトム
2004年:6月トップアウト
2005年:6月ボトム
2006年:6月トップアウト
2007年:6月トップアウト
2008年:6月トップアウト
2009年:6月トップアウト
2010年~2014年は6月転換なし。-
2015年:6月トップアウト

2010~2014年の5年間はそうならなかったので
このアノマリの効力も切れたか、と思われたのですが
昨年2015年が再び6月に利回りが天井をつけて下落に転じました。

そして、今年2016年はというと、、、まさに6月は債券バブル!
利回りがどんどこ下がっていましたね。

※これは米国債価格チャート一覧。長いのから短いのまで。



どうでしょう、天井つけた可能性もある、、、って感じがしません?

利回りで見ても、6月15日に米10年物利回りは1.573%まで低下しました。

※米10年債利回りチャート





米10年債利回りは2012年7月に1.469%まで低下、これが過去最低利回り。
(その後2013年12月の3.036%まで上昇。
 この時(2012年)は6月じゃなくて7月転換だったんですね)

その後2015年1月に1.646%まで再下落したのですが、
今月6月はこの2015年のレベルをさらに下回っていますね。

何が言いたいかというと、、、今年も利回りがど底をつけて
転換する可能性があるんじゃないかってこと。

つまり、米金利は上昇開始する可能性がある、、、となれば、
ブレグジットリスクが去れば、ドル高相場が来るんじゃないの?!

と思ってみています。
すでにチャートからはその兆候がちょっとづつ出始めている
気もしますね。債券価格上昇は天井に見えますし、
利回りもすでに底入れしたように見えます。

これは、今週に入って「ブレグジットリスク」が後退していることから
リスク資産ショートが巻き戻っている、そしてリスク回避時に
債券市場に逃げていた資金が、少しづつ戻っているということの現れ。

まだ23日の国民投票の結果を確認するまでは確信にはなりませんが、
このリスクイベント通過後のテーマは、やっぱり米国利上げで、
6月はブレグジットリスクを警戒して利上げを見送ったものの
このリスクeventが無事、こなせれば7月にも利上げ?
あるいは9月にも利上げか、という思惑がドルを押し上げるんじゃないか?
ってイメージしているんだけど、、、どうかな。

同じくリスク回避時に資金が流入するゴールド市場も
短期的には頭打ちした様なチャートになっていますよね。

※ドル建て金日足チャート



ド天井で、金が急落するイメージはないので、
せいぜいレンジ下限である1200ドル近辺まで
(1300ドルから)100ドル程度の調整入りかと思っていますが、
そうなる過程では、債券価格も下落し(利回りは上昇し)
ドルが上昇すると思うのです。

すでに今夜のユーロドル相場はユーロ急落ドル上昇となってますね。

※ユーロドル日足



じゃあ、ドル円も上がるんじゃないの…って思うんだけど
ドル円は上値重いですねぇ(;'∀')

ドル円ロング、のんびり持ってます。
23日国民投票前までにやめるかも、、、です(笑)

**********************************

豪ドルドル、キウイドルのロングはいい感じに利益になったんだけど、
豪ドルがロンドン時間に急落しちゃったわねぇ。。。

コストはキウイドル0.7107ドル・豪ドルドル0.7460ドルなので
キウイは利益のまま。豪ドルは一度コストレベルでロングが消えたわ。

日足では前回高値とWトップとなって下落に転じる可能性も
十分にあるチャート形状、一目の雲に阻まれての反落にも見えるので
あまり執着しないほうがいいかもしれませんが、
0.7426レベルまで下落すれば再ロングを考えています。

ただ、今週は23日国民投票控えているので、
注文がヒットしても23日前にはどうするか考えなおさないと。
23日前に注文ヒットしないようなら、やりません~

0.7284→0.7511 のフッィボナッチリトレースメント 38.2%が
0.7426くらいです。

※今日は6月RBA豪準備理事会議事録要旨が公表されました。

「6月の金利据え置き決定はCPIの目標回帰に合致」
「豪ドル高は交易条件の調整を複雑にする可能性」
「雇用の成長が幾分勢いを失っているが、概ね予想通りだった」
「インフレ率はしばらくの間、低水準で推移する見通し」

あまり驚くような内容ではなかったですが
発表後、豪ドルは上昇しました。

同時に発表された

1-3月期豪住宅価格指数は前期比0.2%低下(予想0.8%上昇を下回る)
前年同期比は6.8%上昇(予想 7.5%上昇を下回る)

これを受けてもそれほど売り込まれることはなく、
今日は0.7512ドルまで豪ドル上昇したんだけど。。。
(もっと上がると思って利食わずにいたら、夜急落してしまいまいました)
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社