2016年7月27日水曜日

29日の日銀を前に随分早々とポジション調整が入っているわね。。。

と思ったら。

財務相、、、おっと、政府が、第2次補正予算を策定中ですが、
随分拍子抜けのずっこけ報道があったようです。

26 日政府が検討中の経済対策における 2016 年度第 2 次補正予算への
計上額は2 兆円程度に止まる見通し~と通信社が報道。

熊本復興基金を創設=農産物輸出、観光振興でインフラ整備-経済対策案
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016072600382&g=keq
 
はあ2兆円?! 20兆円の間違いじゃないの・・・

少なくとも市場は10兆円がコンセンサス。
一部には大胆に20兆行くんじゃないのって期待もあるくらい。

それが期待値の半分以下ってありえないでしょ。

さすがに2兆では政府(官邸)も納得できないということで
おそらく揉めに揉め・・じゃなくて練りに練って
財政支出6兆円に増額で落ち着いたようですが・・・それでもしょぼい。

経済対策、財政支出6兆円に増額 政府が骨格

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS25H7G_V20C16A7EE8000/

失望が日本株売り、ドル円売りにつながったとみていいでしょう。

ヘリマネ期待が盛り上がる中、財政支出を渋るなんて・・・

やるときにはドンとやらないと効かないと思います。
ここでバランスシートがどうとか、財政健全化がどうとか言ってたら
また日本市場は海外勢に格好の売り材料を与えるだけだと思うんだけど・・・

おまけに、財務大臣麻生さんが日銀に丸投げ的な発言をしたことで
ドル円急落。これが日本株市場の下落につながりました。

円全面高、麻生財務相発言で景気刺激策の期待後退-対ドル104円前半
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-07-26/OAWDY36JTSEE01

この記事だと、財務相は当初真水3兆円案を示していたと書かれていますが、
2兆とか3兆とか、、、今の市場の期待値、知ってます?という感じ。。。

官邸と財務相の熾烈な戦い、、、というか押し問答に嫌気がさす
海外勢もあるでしょう。こりゃダメだ、と資金撤退。これが今日の下落の真相。

まだ日銀トレードは始まっていませんが、先が思いやられる。。。。

ということで今日26日㈫の日経平均は 16383.04 ▼237.25
ドル円相場は一時103.98円まで円高ドル安が進みました。

でも、私、まだドル円と日経平均の買い目線変えてません。
真水6兆に失望しても、意外と底堅い印象。
現在ナイトセッション日経平均先物は+100 16440 現物市場より高い。
まだまだ日銀に向けてどちらに織り込むかわかりません。
(ちなみに今夜のダウは▼36 18450ドル近辺。上値が重いですが・・・)

今日は買ってないんだけど、、、日銀失望で売られることがあれば買う所存。

今日は0.7485ドルで豪ドルをロング。

鉄鉱石市場が意外と腰が強いのと、米株高でリスクオンムードなので
豪ドル辺りが来るんじゃないかと思っていたところに思わぬ急伸。

今日の上昇は正直、はっきりとした理由はなく、意味不明なんだけど、
こんな記事が。。。明日27日が豪CPI発表なのね。

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル上昇、豪CPIを注視
http://jp.reuters.com/article/idJPL4N1AC2FC

ポンドドルLも継続。なかなか上がりきらないのでイライラしちゃう。

今日のドル円、日経下落で悲観に傾いた向きも多い可能性。
確かに日銀ゼロ回答なら100円くらいまで下がる可能性はあるけど・・・。
そこを拾いたいかな。。。年前半20円も下げた相場。
ソフトバンクのM&Aによる実弾もサポートしているかと思います。

ポンドはワカリマセン(;'∀')ロングは報われるかな??

まずは明日のFOMC.ドルがどちらに加速するかにかかっています。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】


※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社