2016年8月17日水曜日

なんで今日16日火曜は日経平均が273.05円も安かった相場なのに
日銀のETF買がでなかったんでしょう。。。

日銀は8月4日と10日にETFを従来のおよそ倍額の707億円購入していますが、
どういうルールで購入しているんでしょうか。
単純に前場一定の下落幅を確認したら後場に出るとか、、
そういうことでもないってことか。
それとも今日はお盆休み?

日銀のアシストを期待して株やドル円をロングにしていた向きも
あったかと思いますけれど、今日は肩透かし。

その影響も多少あったんでしょうか。
ドル円相場は支えなく、東京時間に100円割れぎりぎりまで下落していましたが
結局欧州時間に100円割れを示現。99.53円まで円高ドル安が進行しました。

その後、NY時間にはいって21:30の米指標をきっかけに反発、
現在は100.52円まで巻き戻されています。

1円くらい軽く動いちゃう相場、波乗りが上手な方はこういう相場でも
上手く幅抜きできているのかな。。。私は見ているだけです。
ちょうど仕事しているときに100円割れ示現(大倉キャプテンとセミナー中)
その後食事しているときに猛烈に100円大台回復の上昇
動いている時にトレード環境にないと怖い相場だよね。。。

ドル円も100円割れならユーロドルは1.1202ドルまで上昇、
ステージを切り上げた感じがあります。
豪ドルドル、キウイドル、ポンドドルアドも上昇していることから
全般ドル安が来ていたわけですが、それも、NY時間の指標以降、一服中。


しかし、不可解なことばかりね。
日銀はどういうルールでETF購入しているのか。
なぜ、あんな指標でドルが巻き返したのか。

21:30指標

①7月米消費者物価指数(CPI)前月比横ばい(予想通り)
食品とエネルギーを除いたコア指数 前月比0.1%上昇(予想0.2%上昇を下回る)
→悪い結果

②7月米住宅着工件数 121万1000件(予想118万件上回る)
→ちょっと良かった

③7月米建設許可件数 115万2000件(予想116万件下回る)
→ちょっと悪かった

④7月米鉱工業生産 前月比+0.7%(予想+0.3%上回る)
 6月分+0.6%から+0.4%に下方修正。
→良かった…??前月分下方修正分より今回は良かったとみるべきか。

※7月設備稼働率 75.9%(予想75.6%をやや上回る)

一連の指標、それほど強いって印象でもないですけれどねぇ。。。
これで、100円割れから100円回復の反発とは・・・?!

あ、同時刻にダドリー米NY連銀総裁の発言が伝わったようです。

「利上げの時期にじわじわと近づいている」「9月の利上げはあり得る」
「状況を考慮すると米10年債利回りはかなり低い」

この発言がきかっけか。
しかし、9月利上げがあり得るとかいかに?!

今のリスクは「市場があまりに米利上げは遠い」と思い込んでいること。
明日発表のFOMC議事録次第では、かなりのドル巻き返しがあるかもしれません。

ドル円の日足チャートも、今回の100円割れが下ひげになるようであれば
トリプルボトムとなる可能性。
まだまだ、大きく上昇する力はないと思いますが、
これ以上の下攻めもリスキーな局面じゃないかという気がします。
ちょっと買ってみようかな…。

さすがに明日日本株下げて日銀が黙っているようならだめだけど、
明日日経が安ければ日銀のETF購入が出てくるでしょう?!
(大倉キャプテンは今日もそれを見込んでロングしてたんだけど。。。💦)

そうそう、今日の日本株の空売り比率、43.1%まで上昇してます。
過去最高は6/10の47.1%(メジャーSQの影響)
7/8 44.1%
8/3 43.7%

に次ぐところまで上昇しています。
踏み上げ相場も近い?!

それからチャート。

※ドル円日足チャート



テクニカル的にもまだまだ弱く(;'∀')移動平均下向き、MACDシグナルクロスできず再下落)
ひげくらいしか、買う根拠ないんだけど、、

でも、ユーロドルが今夜の上昇で、いったんは上値目標達成した可能性も。

※ユーロドル日足チャート



ピンクのラインはユーロドル相場が上昇トレンドにあった時のサポートライン。
ここがレジスタンスラインとなってしまう可能性も。
今夜このラインにぶつかって上昇が止まっています。

ユーロドル上昇が一服ということは、ドル円下落一服ということになるか、、、
ってとこに注目ね。イベントとしては明日のFOMC議事録です。
今夜のダドリーさん発言も9月利上げあり得るなんてちょっと突拍子もない
強気スタンスに驚きますが、議事録でタカ派的内容が確認できれば
ドルの巻き返しが大きくはいるかもしれません。

ということも考えて、0.7219キウイドルロングは 0.7262ドルで手仕舞い。


************************

今夜の全面ドル安ってだけでなく、ポンドには買い材料も。

7月英消費者物価指数(CPI)前月比▼0.1%(予想どおり)
前年同月比では+0.6%上昇(予想+0.5%上回る)

7月英小売物価指数(RPI)前月比+0.1%上昇(予想▼0.1%上回る)
前年同月比+1.9%(予想1.7%上回る)

7月生産者物価指数 +3.3%(予想1.0%上回る)

7月英卸売物価指数(PPI)コア指数
前年比+1.0%(予想+0.8%上回る)

比較的大きなポンド買いとなっています。
ポンド、Wボトムで巻き返しなるか?!

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社