2016年8月7日日曜日

7月分の雇用統計の数字受けて、また急に利上げ観測が高まってきた?!
ドル高進行です。センチメントがコロコロ変わりますねぇ。。。

※7月の米雇用統計

①NFP・非農業部門雇用者数 +25.5万人(予想+18万)過去2か月も上方修正
②失業率 4.9%(変わらず・労働参加率上昇のためポジティヴ)
③賃金上昇 前月比 +0.3% 前年比2.6%増
④労働参加率 62.8%(0.1%上昇)
⑤週平均労働時間 0.1時間増加の34.5時間

金利先物が織り込む年内利上げの確率は約46%(発表前34%から上昇)

ダウ平均  18543.53(+191.48 +1.04%)過去最高値まで約50ドル
ナスダック   5221.12(+54.87 +1.06%)約1年ぶりに過去最高値を更新

NY金先物  1344.40(▼23.00 ▼1.68%)

ドル円相場 102.06円まで上昇(NY引けでは101.82円)


しかし、雇用統計の数字だけで利上げできるものなら、
12月以降、継続利上げを見送ってきたのはなぜなのか。


FRBは雇用統計の数字以外の「世界情勢」などを材料に利上げを
見送ってきた経緯があります。
世界情勢と言いつつ、それは米株が急落したりすることを警戒していただけ、
という指摘もありますが、もし、米株を見ているのだとすれば、
現在の米株は過去最高値圏にありますので、もう懸念はないとも言えますが・・。

あるいは、ISM製造業景況指数の悪化などが利上げ見送りの一因であった
との指摘もありましたが、だとするならばFRBが警戒していたのは
ドル高です。ドル高になれば、製造業セクターが落ち込み、ひいては
米景気に影響を及ぼす・・・。ということで、この点は大統領選で
トランプ氏やヒラリー氏がドル高をやり玉に挙げていますが、
だとするならば、大統領選前にドル高がさらに進行するような
利上げはやりにくいだろうと考えることもできます。
だから、11月までは無理。というか12月も無理だろうなぁ…。

FRBが何をもって利上げを決定するのかが、ここからの焦点でしょうか。
FRBの使命とされるデュアルマンデート、雇用とインフレ率だと
いうのなら、継続利上げをしてもいいだろう水準にあると思いますが、、
若干インフレ率が心もとないか。ただ、今回の賃金上昇率をみると
この点の不安も後退するものと思われます。

なんだか急に利上げの可能性を織り込み始めようとしているマーケットですが
発表前までは、年内利上げは無理という空気が蔓延していました。

①4-6月期GDPの前期比年率1.2%の低水準
②ISM製造業・非製造業景況指数、製造業新規受注と事前予想を下回る


さて、雇用統計の数字だけでゲームチェンジ的に相場の機運が変わるのか?!

正直、米国利上げについてはどうなるかよくわかりません…。
この環境でやれないなら、ずっとやれないじゃん。。。って思うんだけど
利上げすればやはり、ドル高は避けられず、米景気は本格的に
崩れていくことが目に見えるからです。

だって、そうでしょ。
日欧がマイナス金利、英国も8/4利下げしましたし、さらにゼロ金利に
まで利下げがあるでしょう。8/2豪州も1.5%まで利下げしましたし、
今週8/11 NZも0.25%利下げして2%にするでしょう。

米国以外、絶賛緩和競争中なんです。
それだけでも、自然に米ドル高になってしまいます。
周りが勝手に沈んでいくんだもの。
そこに利上げなどしたら、、、米ドルしか買うものがないでしょ。
すさまじいドル高になるはずです。
だから、米国は利上げがやりにくくなっている、、、と思うのです。

加えて、私は9月の日銀ではテーパリング示唆ではなく
もう一段の緩和、あるいはそれに向けた指針が出るような気がしてなりません。

となると、過剰流動性相場はまだまだ終わらない。

ということで、日本株、ドル円の年末高を予想しているのですが、
如何せん8~9月は騰落率の悪い月。むしろ下がる可能性が大きい。
だから、今から買うのではなくて、安値を引き付けてから買おうと思います。

根っこは強気、目先は弱気です。

ということで、個別株をちょっとやってますが、
(日銀のETF700億円買いスタートしたようですね、日本株は
下値固いと思います)
他のリスクポジションは新規で取引するのは見送りとします。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社