2016年8月25日木曜日

東証一部の売買代金、今日24日(水)も1兆6077億円ですって。
23日より2109億円減ってる・・・。商い閑散。日経平均は膠着相場。

まだまだ海外勢が戻ってきていないようですね。
欧米は9月から新年度、例年レーバーデー明けから
張り切って出動するって言われていますので、今週はまだ早いのかも。
(ただし、昨今はレイバーデーを待たずに8月最終週あたりから
動意づくとも言われていますので、来週からかな)

こう膠着相場が続くとネタがないのですけれど、
私が注目しているのがこのニュース。

サウジ副皇太子が初訪日し安倍首相らと会談へ 改革主導の実力者

http://www.sankei.com/politics/news/160823/plt1608230026-n1.html

8/31~9/3サウジアラビアの副皇太子が日本にやってきます。
ハンマド・ビン・サルマン氏=通称「MBS」

サルマン国王の息子で、このところ話題となっている
サウジアラムコのIPOなどはMBSの発想。
「ビジョン2030」で、脱石油戦略を推し進める意向が示されており、
(油価に頼る財政では今後やっていけないということね)
金融立国としての道を模索していくものと思われます。

で、何しに日本にくるかって、投資してよ。という営業ですね・・・。
アラムコのIPOは失敗が許されないため、この辺りの協力を仰ぐ狙いも
あるのかもしれません。日本を頼りにしてくれるのは嬉しいですが
その後中国訪問するのよね。要は営業行脚・・・。

ですが、安倍首相と会談するわけです。
安倍さん、この機会をうまく利用するんじゃないでしょうか。

サウジアラビアというと「オイルマネー」

2016年前半は原油価格が26ドル台にまで下落し、
資金難に陥ったオイルマネーがこぞって日本株を手仕舞って
キャッシュ化した、とも言われています。

サウジの政府系ファンド(SWF)は通称「SAMA」

日本株の大株主リストからSAMAの名前が消えたというニュースも
話題となっていました。サウジのSAMAも日本株を売っていたことは
間違いないでしょう。

そして、まだ現状の日本株市場で外国人投資家らが
戻ってきているかというと、、、ちょっとはその兆候が
出ているようですけど、まだまだ。商いスカスカですし。

日銀がETF買うってことだけでは株は上がりきらないと思います。
2015~2016年1-7月に10兆円も日本株を売り払った海外投資家が
戻ってきてくれないと。

何が言いたいかというと、交換条件で安倍さんが
日本株を買ってよ、ってうまく営業するんじゃないかな?ってこと。

「オイルマネー日本株物色復活か」などと報道されたらしめたもの。
実際に買うかどうかよりも、サウジの副皇太子と
そういう話をしたってことが伝われば、先回りで物色されるでしょ。

サウジのMBSが訪日するこの機会を安倍首相は上手に利用して
日本株、ドル円の上昇につながるPRに使ってくれるんじゃないかと
期待しているんですけれど、、、、妄想でしょうか💦

そもそもSAMAが撤退したのも原油が26ドルまで下落してしまったことが
背景だったかと思いますが、現在原油価格は47ドル台。まずまず回復しています。
年前半ほどのひっ迫感は薄れたかと思いますが、どうでしょうか。。。

ということで、ドル円を100.23円で買ってしまったのですが、
気が早かったかな。買うなら100円割れかなぁ。

MBS訪日より先にジャクソンホールがあるものねぇ。。。

ポンドドルロングは継続のまま。
***********************

今週末 8/27(土)大倉キャプテンと岡崎さんと札幌に行きます!
是非会いに来てください!!下記よりお申込みいただけます。


『NYダウ上場記念特別セミナーin札幌』
http://www.yutaka24.jp/?url=/seminars/detail/251


13:00~14:00 第一部:大倉たかし×大橋ひろこ
「本音で言わせて! LIVE」

14:00~14:30 特別セッション:大倉たかし×大橋ひろこ
「NYダウもついに上場! 今注目のくりっく株365の魅力とは!?」

14:30~14:45 休憩

14:45~16:15 第二部:岡崎良介氏
『不確実性下の金融市場』~週明けの日本で戦うダウ365必勝法~


人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社