2016年11月17日木曜日

16日水曜、大統領選から1週間。

日経平均は反発 +194円 17862円。
ドル円相場は109.75円まで円安ドル高がありました。

しかし、7営業日連続上昇していたダウ平均が今夜はマイナス圏の推移。
現在2:20 84ドル安で推移しています。
ドル円は109円飛び台まで落ちてきました。。

さて、いよいよ一服でしょうか。
それとも、安倍首相とトランプ氏会談で110円を超え18000円大台乗せ示現と
なるんでしょうか。会談の報道次第ではその可能性も十分に考えられますね。

昨日108.80円台で手仕舞ったドル円ロング、、、その後1円も上がりました(笑)
テクニカル的には38.2%戻りの109円前後まででいったん、押し目を作るかと
思っていたのですが、109円台後半までスルスル上昇してしまいました。

ただ、110円、18000円の壁は厚そうよ。

日経平均は2/1に付けた戻り高値の終値17865円近辺では利益確定売りが旺盛。
また日経平均オプション市場では、1万8000円のコール(買う権利)の建玉が
12月限月と1月限月の合計で5万6600枚(昨日時点)と突出。
コールの売りと買いが一対になっており
「投資家の足元の相場見通しの強弱感が1万8000円で対立していることを意味する」
~と日経QUICK記事。

上昇過程では個人投資家らはドルショートを作っている模様で
これが燃料となってさらに上がる相場が続いているようです。

円売り主体として知られるミセスワタナベは通常ドル買い・円売り比率が
6~7割程度と持ち高を円売りに傾けがちだが、現在は円買いが上回っている、
と、外為どっとコム総研。円買いに傾くのは2015年6月以来だそうです。
15年6月は円安極まり125円86銭を付けた時期。

110円にはストップロスオーダーもひしめき合っているようですが
逆指しの買いオーダーは少ないとみられており、
110円超えで加速して上昇する相場ではなさそう無きもします。

皆、押し目を欲しがっているために、深押しが来ない相場となっていますが
さすがに110円大台目前で上値も重くなってきましたね…。

今夜発表されたEIA米エネルギー省情報局の原油週間在庫統計では
11月11日現在の米国内民間原油在庫は前週から527.4万バレルの大幅積み増し。
弱い材料なんだけど、原油価格それほど下がりません。

15日火曜にサウジアラビアとロシアのエネルギー相が今週にも、
減産について話し合うためカタールで会う可能性があると伝わったことが
支えになっているようですね。
減産合意に向けて産油国が積極的に取り組んでいる、というのが
原油価格下落を止めていますが、さて本当に減産正式合意はあるでしょうか。

原油安が引き金となっての相場の崩壊は、
今のところ30日のOPEC会合まではなさそうなムードです。。。

ということで、押し目待ちに押し目なしとなった今日、

ドル円の100.80円 101.80円L 日経平均16600円16400円台L
ポンド円126.90円台L 131.80円L 継続のまま。

新規では何もしていません。

下がればドル円を買うつもりだけど、、、、
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社