2016年11月6日日曜日

さて、今週はいよいよ大統領選挙。

クリントン候補優位もトランプ候補肉薄で金融市場は不安定化。
ドル円相場は105.50円台から102円台まで下落しちゃってますが、
ダウは7営業日続けて下落して1万8,000ドルを割り込み、
S&P500はなんと9営業日連続下落、36年ぶりのことだそうです。

リスク回避が強まったことで安全資産である米国債が買われ、
米長期金利が低下したことからドル安という解説も。

そんな中で発表された週末の10月分の米雇用統計。
悪くない数字だと思うんだけど、大統領選直前とあって
反応は限定的、乱高下しただけで発表前と変わらぬ水準で終えています。
要するにノーイベント。

※雇用統計

NFP 16.1万人(予想 17.3万人)
失業率 4.9% (4.9%)
平均時給 0.4%(0.3%)
労働参加率 62.8%

ただし、NFPは前月分が15.6万人から19.1万に、
前々月分も16.7万人から17.6万人に上方修正されています。

当月分が予想を下回ってはいますが過去2か月の上方修正。
過去3カ月平均は17.6万人

賃金上昇も評価できる内容で12月利上げに揺るぎはない内容かと
思われますが、12月利上げはすでにほぼ市場に織り込まれているため
この程度の数字で強烈なここからドル買いが起こるというほどのものではなく
どちらかというと大統領選リスクに備えるというムードに支配されて
終わった感じです・・・。


大統領選については刻々と状況が変化していますし、
分析のプロでもないので、ここであれこれ予想しても意味がないと思うので
選挙の行方を気にするより、

①現在保有するポジションを選挙前までにどうするか。
②選挙後のリスクとチャンスをどう利用して新規ポジションを作るか。

上記2点が重要かと思っています。

①に関しては100.80円台Lは残しても103.12円Lは
火曜までにどこかで仕切るつもりです。
利食いでも損切りでもリスクを減らしておこうかと。

②に関しては、急落なら拾っていく所存ですが、
出口調査で乱高下している時に拾っていいモノかどうか、、、
結果がトランプで急落するならその下げがMAXでしょうし、
かといって途中でトランプ優位で下げたところを拾わずに静観していたら
結局クリントン勝利で、そのまま下げずに上がっちゃうかもしれない。。。

などといろいろ考えちゃいますが、
こういう時は、チャートに素直に従うしかないでしょうか。

流動性の低いものはやらずに、やるとしてもドル円かユーロドル。
あるいは日経平均、ダウ平均インデックスですね。

現状はまだドル円L保有中。
今週はチャンスでもありますが、
下手をすれば資金を大きく失うリスクでもあります。
あまり前のめりにならないように行こうと思っていますが、、、

どのラインで買うことを考えるかは、月曜、火曜の相場状況を見てからの
テクニカル分析で!

良い週となりますように♪
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社