2017年4月18日火曜日

ドル円安値は108.13円近辺まで。

週明け17日🈷日経平均は18355.26(+ 19.63)

かろうじてプラス圏で引けたものの、東証一部の売買代金は今年最低。
欧州イースター休場中であることも影響していると思いますが、
積極的にリスクをとれる環境に戻ったということではありません。

戻り売りが旺盛となるだろうことが予想される展開かと思われましたが、
今夜のダウ平均が上昇しており、AM2:30時点で+132ドル?!
先週木曜の下げ幅を取り戻す上げ幅を見せています。


低金利が長期化するかもしれないわけですから
株は崩れないってことなのかもしれません。

ドル安、株高となるなら、トランプ大統領大したものです(;'∀')

(ドルは強すぎる、低金利政策が好きだなどの一連の発言の結果なのだとしたら)


ただ、ダウのチャートは緩やかにトップアウトしたように
見えますので足元すぐに崩れなくても
まだまだ夏場の崩落の可能性は否定できないとみています。

今日、ドル円の戻りの勢いがあれば、
短期的にロング参戦しようと思っていましたが
どうも力強さは見られず、108円前半でのレンジ入り。

やはり、トランプ大統領の発言が効いているのか。
それとも、引き続き東アジア有事警戒がドル円の上値を重くしているのか・・・。

どうも、昨年2016年型の相場と酷似しているように思えてなりません。
つまり、夏場まで冴えないレンジが続く。。。。

そしてその後、おそらく本邦衆院解散総選挙の時期の材料で
相場が持ち直すというような流れなんじゃないでしょうか。
夏から秋以降でしょうね。たぶん。

今は下値を確認する時期。昨年のブレグジット前と同様の環境かと。
つまり、今週末のフランス大統領選挙で波乱があれば
もう一段安は覚悟ってことです。

その場合、下値想定は105円アラウンド。

それが今年の最安値となってくれればまだわかりやすいですが、
その後、まだずるずると北朝鮮有事警戒が続くことで
底練りの展開、、そして、解散総選挙、あるいは有事による緊張解決などで
霧が晴れて、バリュエーション的に売られ過ぎの日本株への見直し買い。

そんな感じじゃないかなぁ。。。

その時に米金利がどうなっているのか想像できないけど(^-^;
なんか金利が思うように上がらないのがもう一つのリスクですね。
米インフレ指標の伸び悩み、金余りですので、
結局イールドハント相場に戻ってしまったような気も、、、。

ということで、まだドル円は買えませんね。
短期リバウンドすら取りに行けない相場・・・。


ということで、全般ドル安基調。

今日は追加で1.25383ドルで
ポンドドルロングを作ってドル安ヘッジです。
最初のポンドドルLコストは1.2412ドル。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社