2017年4月27日木曜日

注目されたトランプ政権による税制改革案・・・
掛け声は威勢がいいんだけど中身はどうもすっからかん。

法人税および小規模事業や個人事業主を含むパススルー事業の税率を
現行の35%以上から15%に引き下げる方針とのヘッドラインと
現状伝わってきている内容は以下の通り。

「企業税、15%へ」
「個人の税率は最高35%に設定」
「遺産税の廃止」
「州、ローカル税控除を廃止」
「3.8%のオバマケア税を廃止」
「代替最小税額を廃止」
「7段階の税率を3段階に簡略化」
「レパトリ税10%」
「国境税調整なし」

導入時期についての言及なし。

ムニューシン米財務長官は

「税制改革の財源は成長によっておのずと賄われる」
「対GDP債務比率下げ歳入を大規模に増やす計画」

と述べていますが、成長によっておのずと財源が賄われるって
随分楽観的ですよね。具体性がないんだけど。。。

正直失望の内容かと思われますが、それにしては意外と株もドルも確り。

報道があった瞬間は株売り、ドル売りが加速しましたが、
大きく崩れる雰囲気はありません。

NY市場が引けてみないとわかんないけど。

おそらく「そもそも市場は期待していなかった」んだと思います。
フランス大統領選での悲観の修正と業績相場を好感した
持たざるリスクに今週から勢いよく米株が上昇しているにすぎず、
トランプ政権が手際よく公約を実現できることなど、ハナから期待して
いなかったということなんじゃないかしらね。

今夜はこのほかにも

・ホワイトハウス、ヘルスケア法案の28日か29日の採決推進

・28日の政府機関閉鎖の回避に向け、議会下院が期間1週間のつなぎ予算を
 近く検討する可能性があることが26日、共和党関係筋の話で明らかに。

という報道があり、28日シャットダウンリスクはそれほどマーケットも
意識していないように見えます。

かといって21000ドル大台に乗せたダウ平均、
ここから上値を追えるかというと、買う材料にはなり得ないですので、
だらだら修正に入る可能性も捨てきれません。

ということで、増し玉はなし。
そして、まだ手仕舞いもなし。

ドル円、ポンド円、ポンドドルロングを継続とします。
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社