2017年4月26日水曜日

リスクイベントを通過するごとに巻き返しが大きくなっています。

25日は北朝鮮人民軍創建85周年ということで核実験実施のリスクが
警戒されていましたが、核実験は行われず。
これまでの核実験は午前10時前に実施されてきたため
10時を過ぎて実施されなかったことで、おそらく今日はもうないだろう、
という思惑が広がり東京市場でも買戻しが大きくなったようです。


しかし、ダウ平均がこんなに戻るとは。。。
今夜25日㈫NY市場でダウは21000ドル回復しています。



これは、明日26日に発表される予定の税制改革案への期待もあるんでしょうか。

ブルームバーグが米政府筋の話として、
税制改革案に育児控除を盛り込むよう要請すると伝わっていますね。


大統領選や北朝鮮問題などへの懸念が一服したことで、
本格化する決算に市場の関心がシフトしているという指摘もありますが
今夜はキャタピラーやマクドナルドから好調な決算が発表されており
いずれもダウ採用銘柄であることもダウ平均を大きく押し上げている模様。

今夜は指標も良く、センチメント好転に燃料投下となっています。

※3月米新築住宅販売件数 年率換算 62万1000件(予想58万4000件上回る)


しかし、ダウ、窓が二つも空いてます、いずれ埋める日がくるにしても、
この上げ方は尋常じゃない(;'∀')

乗り遅れた・・・。
米株急落で米株を拾うつもりでいる向きは多いと思うのですが
一向に買い場が来ない・・・20000ドル大台は新ステージスタートだった、と
見るべきなんでしょうかねぇ。。。


今夜日経平均先物も大きく上昇中。 下落前のレンジ回帰。
綺麗にトランプラリーの上昇幅に対して38.2%押し完了で反発です。
上昇トレンドは継続と考えて問題ない形。




次の焦点は明日26日の米国の税制改革案の中身。
もし、税制改革案期待が足元の米株上昇の背景なら、発表が出尽くしとなり
少し調整が来るというリズムかと思いますが、
今回の場合、フランス大統領選などで、過度にリスク回避となっていたため
その巻き返しの勢いで上がっているだけなら、それほど
税制改革案への失望で売られるということもないかもしれません。

北朝鮮有事は、記念日に行動を起こさなかったことを考えると
半島付近にまで出張っている米国側とにらみ合いが続くにしても
喫緊に戦火を交えることは考えにくく、ひとまず棚上げ状態。
(次のリスクは5月9日の韓国大統領選挙ではないかしら、、、
北側に有利な大統領が選出される機運ですが、この日に向けて
何か動きがあるかも。シリア爆撃のミサイルは59発。意味があるとかないとか)

ドル円は111円台。108円台のロングポジションは継続とします。
これも、ブレグジットの安値からトランプラリーでの高値の上昇幅の50%押しで
何とか下げ止まって反発となりました。下落トレンド完了とみていいんじゃないかな。。。





ポンド円とポンドドルロングも継続です。
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








GW明け 5/10-12の3日間 ラジオNIKKEI番組マーケット・トレンド特別企画。
TOCOMスクエア開設1周年 三夜連続セミナー」開催します。

5/10 第1夜「石油スワップ取引開始!TOCOM石油ナイト~軽食付」
「石油相場、ここからのポイント&ここだけの話」
 エネルギーアナリスト 大場紀章氏、大橋ひろこ 定員:30名」
5/11 第2夜「女性投資家集まれ!TOCOMレディースナ~ケーキ付」
「石川久美子さん&大橋ひろことFX・商品について話そう!」
 ソニーフィナンシャルHD 金融市場調査部 石川久美子氏、大橋ひろこ
 定員:20名(女性限定)
FX,商品だけじゃなくて、何にどんな投資をしておくべきか
女性ならではのライフプランを考える時間にしたいと思ってます~♪
5/13 第3夜「岡安盛男のFXトレンド!TOCOMフォレックスナイト」
「リアルFXトレンド!為替・商品はこれからどう動く!?」
 FXアナリスト 岡安盛男氏、TOCOMスクエアナビゲーター 山本郁氏
プレゼント企画も!http://cfes.jp/tocomsquare/
GW明けの激動のマーケット徹底的にトークします。
是非ご来場くださいませ~

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社