2017年9月15日金曜日

 ポンドが来ましたねぇ。
ポンドドルも再度上昇するチャート形状でしたので
今日のMPCには注目していましたが、1.3240ドルで再エントリーしました。

もともと持っていた143円台ポンド円ロングは継続です。
148円台まで来たわ(*‘∀‘)ヤッター

ポンドはブレグジット交渉がグダグダで、英国から欧州へと主要金融機関が
拠点を移すなどの報道に、景気の先行きへの警戒が強まっていましたが
こうした景気を軸にポンド安になると考えると間違えちゃう。

景気が悪くなるならポンド安になる、という考えがあっているのか、、、

日本で考えれば景気が悪いと円高じゃないですか。
輸出企業に及ぼす影響が大きいからですが。英国の場合は、、、
エコノミストじゃないので、きちんと検証していないんだけど、
ブレグジットショックでポンド安が来た時に、英国FTSE指数が
大きく上がったことを考えると、ポンド安で株が上がるって相関は日本と同じ。

つまり、株式市場にとってはポンド安がいいわけです。
要するにポンド安のほうが経済にとってはいい、ということでしょう。

※FTSEとポンド相関 赤いラインが英株指標 ろうそく足がポンド


じゃあ、ブレグジットによる英国経済の先行き不安が株価に現れるとするなら
FTSE安で、、、ポンド高じゃないですか。

だから、英景気不安でポンドは買われる通貨になる可能性があるんじゃないの。
っていう気もしてくるわね。

それじゃなくても、英国はインフレになりやすく、直近CPIは2.9%まで上昇
しているんですもの。ポンド安を放置するわけにはいかないですし。

※9月MPC

7対2で政策金利を0.25%に据え置くことを決定(サプライズなし)

ただし、MPCメンバーの大半は、
「インフレを持続的に目標水準に戻すため、
金融緩和措置の一部解除が今後数カ月で適切となる公算が大きい」との見解で一致。
今夜のポンド高はこれに反応。

MPCスタッフ予想ではインフレ率は来月に3%を超え、
複数年にわたり中銀目標の2%を上回り続ける見通し。

ポンドドルはブレグジット騒動の急落後の戻り高値であった1.3450ドル近辺が
超えると新境地に。ここを超えられるかどうかが試される局面に入りますが
インフレ見通しを見ると、緩和解除方向へ舵を切らざるを得ないでしょうから
早晩超えてくるでしょう。

※ポンドドル日足


週足を見ると完全に底入れしたように見えますね。
ブレグジット急落の半値戻しで1.45ドル台あるんじゃないでしょうかねぇ。

※ポンドドル週足



ポンド円は一足先にこれまでのレンジ高値ブレイクトライ中。

※ポンド円週足


週足でアベノミクス円安相場で付けた195円の高値からブレグジット騒動で付けた
124円台の安値をフィボナッチリトレースメントすると
38.2%戻しでも151円台、半値戻しがあるなら160円が見込めます。

6月のECBフォーラム後は、欧州の緩和縮小が年後半のテーマかと思っていましたが
意外とポンドが年後半のベストパフォーマーとなるのかもしれません。

ドル円108.30円台ロング継続中。


くりっくフェス、福岡会場 東京会場 MC担当します。

皆さん是非ご来場ください。

福岡申し込み先→http://clickfes.jp/fukuoka/

東京申し込み先→ http://clickfes.jp/tokyo/


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社