2018年3月6日火曜日

3月6日㈪ 日経平均は 139.55円安の21042.09円 4日続落。

トランプ大統領による鉄鋼、アルミへの輸入制限発言が
保護主義政策が世界経済を冷え込ませるとの思惑につながった、、、とでも
解説されるんでしょうけれど、今週はメジャーSQ週なので、
仕掛けとかポジションh調整とか、色々出てきます。
このまま下がるという簡単なシナリオではないんじゃないかな。

※日経平均 重要な2月安値を一時割り込むも、、、踏ん張った。


200日線を割り込んだとかなんとか言われていますが、
それを言うなら9月も割り込んでから反発上昇しています。

短期的にWボトムを意識させるようなリバウンドがあるやもしれません。

というのも、今夜のダウ、マイナススタートしたんだけど、
AM1:00現在プラスに転じています。

材料として今夜の2月ISM非製造業総合景況指数が59.5と、
1月の59.9から低下したものの予想の59.00は上回ったことが
ニュースになっていますが、これで買われているというには材料として
インパクトは大きくないですね。。。後付けです。

事前に発表された2月サービス業PMI改定値は55.9で速報値と同じ。
2月総合PMI改定値は55.8で、こちらはむしろ速報値55.9から下方修正です。

・米・2月ISM非製造業総合景況指数:59.5(予想:59.00、1月:59.9)
・米・2月サービス業PMI改定値:55.9(速報値:55.9)
・米・2月総合PMI改定値:55.8(速報値:55.9)

何か具体的な危機が訪れたという下落じゃないので、
一方向に下がり続けるという相場じゃないんですよね、たぶん。
金利上昇は一大事ですが、10年前のサブプライム、リーマンの時のような
クレジットリスクが生じたときのような恐怖感はない。
ということで、下がるにしても、割と大きな戻りも入れながら、、、
というトレーディング相場が到来したということでしょう。
低ボラで買いっぱなしでOKというような適温相場は終わりました。

あ、リスクといえば。

今日夕方にはイタリア総選挙の結果が判明し、
ユーロが急速に下落する局面もあったのですが、見事なV字回復。
下髭作って上昇に転じるかも、、、ってムードです。

※ユーロドル日足


今週はECB理事会もありますので、方向感が出るとも思えませんが
先週火曜までのIMM通貨先物ポジション動向では、
投機筋らは再びユーロを買ってきているのが気になります。

ユーロのロングはかなり積みあがっているのですが、
まだユーロ上昇を見込んでいて上攻めやる気です、たぶん。
ユーロ上昇を見込む、ということと同時に、
ドル安が今年のテーマでトレンドだ、と思っているんでしょう。

だとすると、ドル円は上値重いままでしょう・・・。
ただ、今週ドル円は巨額のオプションストライクを迎えるとかで
下げ渋るなら、意外と上方向に振れるかもしれません。
これはノイズ的な上昇だと思いますが、イベントも多く、
安値をたたいて売るのではなく、ドル円は上昇してから売り直すことです。

ということで、私はユーロ円、豪ドル円、キウイ円、日経平均Sポジを
NY時間始まるちょっと前に買い戻してポジションきれいにしました。

ドイツSPD党員投票とイタリア選挙のリスク警戒が払しょくされ
(正確にはイタリアはこれからどうなるか、ですが、ユーロは崩れなかった)
ユーロ下落リスクがひとまず消えたことと、
ECB理事会で、万が一タカ派的ととらえられるような内容となれば
ユーロはレンジ上限くらいまでなら一気に上がりそう。

また、ダウがプラスに転じているので、ドル円も105・90円台まで戻っています。

そして、英国メイ首相が「EU離脱交渉合意に近づいている」と発言したと
報じられており、ポンドも巻き返しています。

ポンドロングしようかと散々迷いましたが、やめときます。。。

ユーロドルを1.2323ドルで軽めにロングしてみました。
今夜はこれだけにしておきます。
レンジ上限ターゲットかな。

********************

それから今夜は原油が高い。



リビア最大の油田で原油生産停止、パイプライン閉鎖が原因-関係者
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-03-05/P53Z8J6TTDS201

供給への懸念もあったかしら。
今夜はドル安、ユーロ高なので、金融要因の方が大きいと思いますけどね。

原油がしっかりと推移するなら、マーケットのセンチメントは改善に向かうかな。

ユーロがレンジ上限まで上昇するなら、ゴールドも上がってもいいと思うんだけど
今夜はゴールドは小安く推移。出遅れているだけならチャンスですが、、
あ、今夜は資金が株に奪われているということかしらね。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社