2018年6月15日金曜日

ECB理事会。ユーロが動くとは思っていましたが、逆方向でした( ;∀;)

9月末までは月間300億ユーロの現在の資産買い入れを継続。
10月から買い入れ規模を12月末まで月間150億ユーロに縮小し継続。
年内で資産買入れプログラムは終了となります。(ただし再投資はされます)

これは事前にドイツ連銀のバイトマン氏らが示唆していましたので
驚くようなものではなかったのですが、資産買入れが年内で終了が決まった事実はタカ派的ですね。

ですから、一瞬、ユーロドルは1.18513ドルまで急伸したのですが、、、

金利について「現在の水準に少なくとも2019年夏までとどまる」との見通しが示され、
これがユーロを一転売り増せるトリガーとなりました。

どうやら、市場は来春までの利上げ、さらに2019年に2回の利上げまで織り込んでいた、
らしい。これは私も事前に把握していなくて、うかつだったんですが、、、、

それなのに、来年中央までは利上げはない、と明言されてしまったわけで
利上げを織り込んでいた向きは慌ててポジションの整理(ユーロロングの投げ)を
強いられた、って展開ですね。超ハト派的材料が飛び出したということになります。

私のユーロドル1.1699ロングは6月6日以降の安値水準である1・1730に引き上げていた
ストップロスに瞬時にヒットし消滅。一応利食いですが、、、、今夜1.185ドルまで高値が
あったと思うと、、、、なんかめっちゃ損した気分ですね。負けた気分というか。

ポンドドルロングは損切でした💦

今ノーポジとなりました。

素直にドルロングでいいのか、ここからどうするのか、
アイディアがないので、ちょっと様子見です。

通貨インデックス一覧をみるとドル独歩高ですけどね。
 
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社