2018年6月14日木曜日

FOMC内容は強かったのですが、明日はECBそれほど動けない感じ。

1.75-2.00% に利上げ実施。予想通り。(現行 1.50-1.75%)

◆FOMCメンバー金利見通し(ドット・プロット)
2018年
1.875% 2人
2.125% 5人
2.375% 7人
2.625% 1人

年内の利上げ回数予想を上方修正→あと2回利上げ実施見通し
金利見通し18年末の政策金利中央値は2.375%


◆FOMC経済見通し( )は前回3月時点 

◇実質GDP 
18年2.8%増(2.7%増)
19年2.4%増(2.4%増)
20年2.0%増(2.0%増)

◇失業率 
18年3.6%(3.8%)
19年3.5%(3.6%)
20年3.5%(3.6%)

◇PCE  
18年2.1%(1.9%)
19年2.1%(2.0%)
20年2.1%(2.1%)

◇PCEコア 
18年2.0%(1.9%)
19年2.1%(2.1%)
20年2.1%(2.1%)

◆FOMC声明

・金利は長期的に有効な水準を下回るとの文言削除。
・経済活動は底堅い。
・労働市場は力強さ持続。
・消費は上昇。設備投資は強い伸び持続。
・経済見通しに対するリスクは概ね均衡。
・金融政策のスタンスは引き続き緩やか。

◆パウエルFRB議長
「最近のインフレ指標は心強い」
「フォワードガイダンスを削除するのに適切な時期」
「2019年1月から毎回のFOMC後に会見を行う」

これで、直後は米金利が急上昇し、ドル円も金利上昇につれ高となって
ぐいぐい上がったのですが、、、
なんかパウエルさんの会見が始まってから
利食いが旺盛になった印象が。。。

※米10年債利回り15分足


一時3%大台タッチしたのですが、、、
大台維持ができなかったようです。

金利が上がると米債市場には資金が流入するようです。
あるいは積み上がっている米債ショートがしこりとなっているか。

※ドル円15分足


あらら、行ってこい?!

111円大台の壁が厚いという感じね。

※ドル円日足


でもチャートは決して弱くないので、円高に行くってイメージはないです。
明日、ECB理事会を控えてますのでトレンドになりにくいわね。


個人的にはユーロ円が気になっていて、明日の値動き次第では
ユーロ円ロングするかもしれません。

※クロス円一覧


米株はダウ、SP500がやや軟調ですが、大崩れという感じじゃない。
ナスダックは新高値更新です。強い。

※米3指標と日経平均


ユーロドルとポンドドルのロングは継続してます。
ポンドは色々微妙なんだけど・・・。

今週は明日のECBのほうが市場の折り込みが進んでいないので
サプライズ感が大きくなりそうです。
明日の夜はもっと動くんじゃないかな。

ということでおやすみなさい。

人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社