2018年8月7日火曜日

レンジが続きます…。

今日の話題はこれ。

JPモルガンCEO、米10年債利回り5%警告-5月時点から引き上げ

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-08-06/PD0PT66JTSE801

JPモルガンのダイモンCEOの発言ですが、米長期債利回り5%上昇に備えよ、
ですって。足下では膠着してなかなか上がらない長期債利回りですが、
やはり先高観が強いんでしょうか。
米債先物市場ではショートが積み上がっています。
将来の金利上昇を見込んだ米債売りが旺盛ですね。

5%にもなれば米債投資に魅力もあろうかと思いますので
米株から資金が債券にシフトするかと思われ、
この指摘は米株にはネガティブですが、今夜も米株は堅調。
足下ではあまり警戒は強くないようです。

※ダウ、S&P500,ナスダック、日経平均日足

米3指標は今夜揃って上昇基調。

今週は9日からFFR、日米通商交渉スタートということで
為替市場ではドル円を買いにくい。
日本株も為替が膠着で上がりにくいのかな、というイメージです。

ロンドンタイムにドル円が111.50円程度まで買われる局面があったので
111.45円でドル円をショート。
NY時間に入ってユーロ円が強含んだので
先ほどユーロ円を128.77円でショートしています。

イタリア国債利回り上昇が懸念されており、ユーロ下落に妙味、、、
ということで、ユーロドルにしようかと悩んだのですが
ポンドが弱く、ユーロポンドではユーロ高になっていることを鑑みると
FFR控えてドル円に下落リスクが高いため、クロス円ショートに
より妙味が高い局面かな、と考えた結果ユーロ円に。

※ユーロポンドではユーロ高(これもレンジだけどね)


ポンドが弱いのはブレグジット絡み。

フォックス英国際貿易相が
「メイ英首相は悪い協定よりも、
ノーディール離脱のほうがましとの考えを持っている」などと発言。
「ノーディール離脱」とは「合意なきEU離脱」と訳されていますが
要するに、EUからの要求に応えることなく離脱しちゃったほうがマシだ、
とメイ首相が考えている、、、ということでしょうか。

先週末BOEのカーニー英中銀総裁も
「合意なきEU離脱のリスクは不快なほど高い」
と述べていたことでポンドが売られていましたが、
ブレグジット交渉は思いのほか、、、、というより,
案の定難航しているようです。

これがどちらかというと、ユーロ売りじゃなくてポンド売り要因なのね。

ということで、ポンドがジワリジワリ下落していて、
ポンドショートでもよかったんじゃないか、、、という気もしますが、
先週木曜の利上げ決定後の材料出尽くし売りもあって、
結構下落しちゃったので、ここから売りにくいなぁ、、、と思っているうちに
さらに下がってきちゃったという顛末でポンドは売れてません…。

※通貨インデックス一覧 ポンド下落が顕著だった、気づくの遅かった。


まずは、ドル円とユーロ円ショートで様子を見ることにします。
人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社