2018年8月9日木曜日

ドル円ショートはうまく利が乗ってきましたが、
ユーロ円ショートが踏まれてロスカットされた後に急落するとはね。。。
意地の悪い相場です、ほんと。

128.81円でユーロ円を再びショートしました。

8日水曜は、上海総合指数が下げ幅拡大、人民元相場が再び軟化をうけ
リスク回避ムードが強まった?!とする解説がありますが、
昨夕のクロス円下落は14:00すぎに一斉に始まっており、
ポンド円の下落が大きかったことを見ると、
ポンドが悪さをしている可能性がありますね。

8日午後のクロス円比較チャート15分足 黄色ラインが14:15
オレンジがポンド円、ろうそく足がドル円、ブルーがユーロ円


先週のBOEにて利上げされたのに、売りが止まらないポンド。
今、英国は金利どうこうよりも、ブレグジット問題。
EUとの交渉が全く進みません。

2017年3月、メイ首相が正式に離脱を宣言してから2年後となる
2019年3月29日が離脱交渉デッドラインとなりますが、
期限までに離脱協定案を英国やEU加盟各国の議会で通過させるためには
事実上は2018年10月までに、英国・EUの合意が必要という状況。

それなのに、先週5日、フォックス国際貿易相は
「6対4」の確率で合意に至らないとの見通しを示し、
英中銀のカーニー総裁もまた、不快なほど合意なき離脱の可能性が高い、
と発言しており、そのリスクは現実的となってきています。

メイ首相は合意なきEU離脱にどのように備えるべきかを具体的に話し合う
トップレベルの閣僚協議を9月の早い時期に行う予定と報じられるまでに
追い込まれているようですが、ポンドは利上げどころの騒ぎじゃないってことね。

ユーロではなくポンドをショートすべきだったか、、、と
ちょっぴり後悔していますが、ポンドの戻り売りも狙ってみようかと。
ストレートでイイと思いますが、安値を売りたくないので戻り待ち。

また、7日に米国、中国製品160億ドル相当への25%の追加関税適用(23日から)
(オートバイ、蒸気タービン、鉄道車両)

返す刀で8日、中国が米国製品120億ドル相当への25%の関税を発動(23日から)
(燃料、鉄鋼製品、自動車、医療機器)

と米中貿易戦争は着地点が見えず。

こうした中、今日からFFR・日米貿易協議が始まります。

やはり、どちらかというとリスクテイクしにくりですね。

人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社