2018年8月23日木曜日

トランプ大統領の周辺が騒がしくなってきました。

元側近2人"有罪”でトランプ大統領弾劾手続き開始の可能性浮上か
ー中間選挙の結果次第も
https://www.fnn.jp/posts/00353090HDK

中間選挙が近づいていますものね。

トランプ大統領の元顧問弁護士コーエン氏は
司法取引でロシア疑惑に関する新事実を明らかにするとも報じられています。

かといって、米株が暴落するわけでもなく、
積極的なドル売りになるか、というとそんな気配はありません。

足下のドル売りは、トランプ大統領によるFRBに対する利上げ継続方針への批判を
嫌気したドル高修正という程度かと思います。

そして今夜(AM3:00)注目のFOMC議事録が出ました。

米FOMC議事要旨、次回会合での利上げ示唆
https://jp.wsj.com/articles/SB10958869014278714832904584425542819398218

これを受けて直後は、ドル売りユーロ買いが優勢となる局面がありましたが
すぐさま下落の行って来い。
足下の流れを変えるまでのインパクトにはならなかったようです。
ユーロドル相場は再び、1.160ドルを超えましたが、上値が重くなってきました。
そろそろユーロショート、ドルロングのチャンスかな、、、という気もしますが
ジャクソンホール会合控えて、リスクを取りたくないですね。

今日22日水曜の安値 1.155ドルを下回れば、逆指値の売り。
今はまだ売らずに様子見とします。


※そうそう、今夜驚いたニュースが
サウジがアラムコのIPOをあきらめたという話。

米国が絡んでいるのかしら・・・?!

サウジ、アラムコ上場を断念か 石油化学出資に専念と伝わる
https://id.nikkei.com/lounge/auth/password/proxy/post_response.seam?cid=7279132

それから、休暇中の安倍首相が米国からの要請でトランプ大統領と急遽電話会談。

表向きは北朝鮮情勢について会談した、となってますが、
実際どうなんでしょう。

日米首脳電話会談後の安倍晋三首相と記者団のやりとり全文
https://www.sankei.com/politics/news/180822/plt1808220021-n1.html

だって安倍首相は24日まで山梨県鳴沢村の別荘で静養する予定だったものを
切り上げて東京都内に戻って会談に臨んだ形ですよ。。。
緊急を要する案件があったと考えて不思議はないと思いますが、、、。

何が起きても驚かないようにポジションサイズは小さくしておきましょ。


人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社