2018年11月21日水曜日

20日火曜の米株式市場ではNYダウが551ドル安と大幅続落。

アップルを中心とした主要ハイテク株の売りが止まらないのですが、
昨日はエネルギーセクターや小売りも安かった。。。
S&Pエネルギー指数.SPNYは3.3%安。
原油安のせいね。

※WTI原油 20ドル台からの上昇の半値押しまで下げそうな勢い


う~む、OPECは12月総会で減産するでしょうし、
売られすぎのように思いますが
相場は行き過ぎるモノ。。。怖いわね。

おまけに小売指数.SPXRTも2.7%下落ということで
今週末23日のブラックフライデーを皮切りにスタートする
クリスマス商戦に懸念が広がった模様。

※ダウ平均日足 200SMAを再度割り込んだ、、、


チャートは良くありません、、、、。

私のダウロング、日経ロングはロスカットです(´・ω:;.:...

10月下落の波乱が沈静化しないうちに飛び込んだのが失敗。

急落後って、3か月くらい乱高下するものです。
そのリバウンドを狙ったのですが、トレーディングは難しい(;´・ω・)

VIXショックの時も、急落後もみあい乱高下は3か月程度続きました。

それを考えると10月3日スタートの下落ですから
1月初旬までは、新たなトレンドは発生しないことに。

買い目線で見ていましたが、原油がこのまま立ち直らないと
新たなトレンドは下落かもしれません。。。

米国は今や原油生産世界一の国であり輸出国でもあります。
今回の原油安は、サウジが絡む政治的色合いが強いとの指摘もありますが
原油安にしてしまうと、産油国だけではなく米国も失速します。
早急に下落を止める手立てが必要かと思われますけど。
OPEC総会では日量140万バレル程度の減産が協議されていると
報道されていても下げ止まらない相場。
センチメントが悪すぎます・・・。

リスクオフの様相が強まったため、
ドル買いが強まる結果に。

※通貨インデックス一覧


リスクオフ相場が続くとドル買い優勢となりますね。
はたして12月利上げはあるんでしょうか。

その前に11月30日~12月1日にアルゼンチンG20も注目ね。

ダウ、日経はロスカットでポジションなくなりました。
ただ、来週から再来週にかけては中間配当支払いが本格化するため
配当の再投資需要が見込める、ということで日本株は少し戻るかもしれません。
来週、リバウンド狙いでもう一度入るかも。。。(懲りない)

NZドル/ドルロングは継続。

NZドル/円ショート、カナダ円ショートも継続です。
リスクオフセンチメントが続くなら、円高圧力が強まるはず、、、ですが
ドル高が強まったせいでドル円は意外としっかり…。
今の相場、円が主体ではなくドルが主体で動いているということね。
人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社