2018年11月20日火曜日

今日の一番のびっくりネタは日産のゴーン会長の逮捕ね。

自らの報酬を過小申告で金商法違反容疑だそうですが
何が驚きって特捜が動いてるってことです。
東京地検特捜部は米国の意、というのは暗黙のなんとやらです。

表向きの容疑とは別に政治的な裏がありそうですね。
日産、三菱、ルノー連合で自動車販売シェアは世界第2位ですが、
フランス政府がルノー株の15%を持つ筆頭株主であることも
関係ないわけではなさそう。
日産の生産拠点をフランスに移す話もあったようですし。
自動車というのは今後の日米通商交渉の第重要項目。
旨味をフランスに持っていかれるわけには・・・

フランス、マクロン大統領は欧州連合軍創設構想など
トランプ政権に喧嘩を売るようなことをして米国を激怒させていますが
米国に喧嘩売るような真似をするから…

などといろいろに憶測が広がっております。

今夜の米株下落はそのせいではないと思いたいですが、
ダウが400ドルも安い。

せっかく、米金利上昇圧力低下で株式市場が息を吹き返すか、と
期待したところでしたが、再びのリスクはやはり政治絡みのようです。

17-18日開催のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会談では、
前代未聞、共同宣言が出されませんでした。

中国が米国の自国第一主義や保護主義を批判、
米国も中国の貿易慣行は不公正と批判し、両国は激しく対立したのです。

議長国のパプアニューギニアは中国から巨額の投資を受けており
中国に強く出れないという側面があり、
これもAPECがまとまらない一因とみられています。

中国が圧力をかけたとの報道も。

APEC交渉中に中国が“圧力”行動 否定するもパプア側は「あった」
https://www.fnn.jp/posts/00405804CX

パプアニューギニアが中国に抑え込まれると地政学的に西側諸国にとっての脅威。
アジア(日本)にとっての南沙諸島のようなものです。

米国はこうした中国の投資(融資)による支配を非難しているワケです。

中国をけん制するために日米豪が手を組む話も出てきました。

日米豪NZ、送配電網整備でパプアニューギニアに協力-中国をけん制
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-11-19/PIFJF36JIJUV01

ということで、今月末のG20での米中首脳会談への
楽観的な見方は後退しちゃいました。

これが今夜の米株下落の背景とみられます。

週明け月曜、日経平均は上がったんだけどなぁ(;´д`)トホホ

日産のゴーン会長の件も、米国に敵対する国は許さないという
米国の意が裏にあるんじゃないかという気がしないでもないですね。
それこそ自動車産業は米国との交渉のカードです。
フランスに持っていかれるなど日米ともに看過できないと。
全ては憶測の域を出ないのですが
エミン・ユルマズ氏,@yurumazu 
渡邊哲也氏@daitojimari のtweetは興味深いですよ。

それと今夜発表された住宅指標が弱いことも、センチメント悪化の一因かな。

米11月NAHB住宅市場指数:60(予想:67、10月:68)
米住宅市場のピークアウト感が改めて認識される結果に。
ということで米債利回りはさらに低下。

※米国債利回り2年と10年


そもそも、先週のクラリダFRB副議長発言から
FOMCの利上げが慎重になるとの見方が広まり金利は低下傾向。

これはドル安をもたらします。

これまで株価下落でも底堅かったドル/円相場ですが
これは米金利が高止まりしていたことに支えられていました。
米金利が高く、日本勢が旺盛に外債投資を継続していたためですが
金利が低下してくるとこの動きが鈍るリスクに。

ドル円は110円割れまであるかもしれません。

ドル円が下落するとクロス円にも波及します。

ということで、NZドル/円ロングは手仕舞い、途転ショートに。
NZドル/円77.04円L⇒77.28円手仕舞い 77.13円S。
NZドル/ドル0.67643ドル⇒継続。

ついでにカナダ/円もショートしています。
原油安に加え、カナダのトルドー首相も米国好戦的ですし、、💦
カナダ/円 85.51円S

日経CFD22029円 ダウ25132ドルロングは、継続。
金利低下を評価して再上昇の可能性もあるかな。。。と。

リスクはG20 。米中関係悪化は株の一段安をもたらします。
でもそれが今年最後の安値で、来年に向けては
いい買い場になるんじゃないか、と思っているのですが、、、、(;´・ω・)

※ビットコインが、割ってはいけない節目を割り込んだこともネガティブ。


昨年のバブル的上昇から見れば至極当然か。
NVIDIA株の下落も、グラフィックスカードの売上が
マイニングの低迷によって在庫過多となった影響が大きいとされていますので
ビットコイン相場下落の影響は大きかったとみられます。

※NVIDIA


米株、ハイテクセクターは当面だめですね。
クオリティー株に資金がシフトしていくのでしょう。

人気ブログランキングへ


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社