2019年2月28日木曜日

米朝首脳会談は和気あいあいムードでスタートしたようです。
明日28日の会談後に両首脳は合意文書への署名を予定。
何が出てくるか分かりませんが、
これはマーケットにはあまり材料視されるようなものではないでしょう。
むしろ北朝鮮制裁緩和、市場開放というところまで踏み込むものであれば
リスクオンとなる可能性があるんじゃないでしょうか。

ただ、市場に不安材料がないわけじゃありません。

26日、インド軍機がパキスタン領内を爆撃。
27日、パキスタン軍機がインド軍機2機を撃墜。パイロット一人を拘束。
27日同日、インドもパキスタン軍の戦闘機1機を撃墜したと発表しています。

米朝首脳会談どころじゃないんじゃないの、、、、?

今夜の米株は軟調(暴落ということではありませんが)現在50ドル安。

米国株、続落で始まる インドとパキスタンの軍事対立を警戒
https://www.nikkei.com/article/DGXLAS3LANY01_X20C19A2000000/

また、米中貿易協議においては3月からの追加関税は延期されており
これが楽観を広げていますが、
今夜、米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は議会下院の公聴会で
米中貿易協議について「中国に大幅な構造改革を求めている」
「まだやるべき事が多い。結果を予測するのは時期尚早だ」
と慎重な見方を示しています。

これも今夜の米株軟調の一因かと思われます。

ただね、印パ地政学リスクのせいで米株が下がっているというなら
ゴールドが大きく買われてもいいはずですが、
今夜ゴールドは比較的大きな下落を演じています。
変わりに原油の反発が大きいですね。。。

原油は北朝鮮制裁緩和思惑でしょうか??

ということで、どうも市場はまちまちの動き。

昨晩26日に開催された半期議会証言(上院銀行委員会)で
パウエル議長は政策金利がすでに「中立水準のレンジ内」にあり、
辛抱強く、様子見する時期だと発言。
1月FOMCと同様のスタンス、利上げを急がない方針を再表明しています。

これを受けてドル円相場が110円台前半まで下落していたんですが
今夜はドル円大きく上昇していますね。
米国債利回りも今夜大きく切り返しているからなんだけど、
米株が軟調な割に金利も上昇していて、どうも整合性がないわね。。。

それと、今夜はライトハイザ―米通商代表の議会証言で
今後正式に始める日本との貿易交渉に意欲を示した上で
「日本を含むアジア諸国には為替で問題がある」と語っています。

ライトハイザー米通商代表、対日貿易交渉に意欲=「為替で問題」
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019022800053&g=pol

これは円高要因となり得るニュースですが、今夜はドル円が強い。

ということで、よくわかんない値動きなので
ポンド以外の資産には手を出さずにおります。

このところ楽観論が広がってきたので
一度落ちるんじゃないかと、待っているんですが、、、

世界経済は既に底入れした可能性、ゴールドマンが指摘
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-02-27/PNKBJI6TTDS001?srnd=cojp-v2

ただ、今夜のダウの下落は資金が逃げるというようなものではなくて
静かに利食いが起きているような印象です。

むしろゴールドの下落の大きさが気になりますね。

わからない時にはやらない。

ということで
ポンド円とポンドドルロングを継続ポジションのみ。
人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社