2019年3月1日金曜日

まさかの米朝首脳会談決裂、、、?!

なんとなく、昨日までの流れがうまく行きすぎで気持ち悪さがあったけど
こんなちゃぶ台返しがあるとは、、、。

いろいろと思うところはあるんですが、
相場とは関係ないのでそれはそれとして。

マーケットへの影響というと、韓国株が失望売りが大きかったようです。
28日木曜 日経平均は 171.35円安の21385.16円、
東京株式市場でも大引け間際にこのニュースが飛び込んできて
売りが広がったようです。

米朝首脳会談以外にも
印パの緊張の高まり、地政学リスクへの警戒や
USTRライトハイザ―代表の米中貿易協議への楽観にくぎを刺す議会証言、
新日米貿易協議については為替が議題になるとの発言なども
嫌気されたと思われます。

こうした背景もあって、ポジション落とすことにしました。
ポンドはあんまり関係ないようにも思ったんですが、
随分上がったので、一度利食って、落ちたところをもう1回拾おうかと考えて。。。
(昨日は中長期で長く持つつもりでいたんだけど💦)

ポンドドル 1.3174ドルL → 1.3281ドル
ポンド円 145.06円L → 147.23円

その後NY時間で、ドル円が急伸!!

米指標がきっかけと思われます・・・。

米・10-12月期GDP速報値:前期比年率+2.6%(予想:+2.2%、7-9月期:+3.4%)
米・2月シカゴ購買部協会景気指数:64.7(予想:57.5、1月:56.7)

特にGDP,昨年10-12月期って株が暴落していた時期なので
悲観的に予想する向きも多かったみたいですね。
予想を超える結果に米金利が急反騰、これにドルが連れ高となりました。

※米10年債利回り 15分


日足チャートはフラッグ上抜けしたような…。

※米10年債利回り 日足


でもね、短期債(2年)の金利は全然動いてないの。
決して利上げ期待の高まり、ってとこまで盛り上がっているわけじゃない・・・?!

※米2年債利回り日足


だからこのドル上昇についていくのはどうかな、、、って気がします。

それに、今日は2月28日、月末でしょ。

月末って締め日なので特殊フローが出やすい。
リバランスの売り買いも交錯します。

ということで、このドル上昇は一時的になるかもしれません。

でも、実はドル円急上昇した時にポンド円も一緒に上がったので
なんとなくポジション落としちゃったのが悔しくて
ポンド円を147.69円で再エントリ―しちゃったのよね💦

でも、思うように伸びずに落ちてきたので、ほぼ同値でやめました。
バタバタ・・・・・

欲を捨てなきゃ。

ポンドはショートが積み上がっているようですので
押し目なく上がってしまうかもしれませんが、
今夜は月末なので新規ポジションを作るのはやめておきます。。。
人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社