2019年4月14日日曜日

4月12日金曜、ドル円相場は上昇を続け112円台へ。
クロス円も軒並み高です。

※ドル円、クロス円


ユーロ円の上昇が大きく見えますね。

日本株市場でも値がさ株に買いが入って日経平均も堅調。
NY市場でも株高は継続。
米銀大手JPモルガン・チェースの第1四半期の決算発表で
利益が予想を上回ったことで、企業決算が株式相場に悪影響を及ぼす懸念が
和らいだことがダウは過去最高値付近まで上昇と解説されていますが
VIXも一段安ですので全般リスクオンですね。

※上段 ダウ、日経、米10年債、上海総合
 下段 金、原油、VIX 韓国
 
10年債利回りが上昇していますので、
長期債が売られ株式に資金移動しているのかもしれません。
これは素直にリスクオンと考えてもいいのでしょうか?!

中国の3月貿易統計でドル建て輸出が前年比14.2%増加で
5カ月ぶりの高水準となり景気減速への懸念が緩和したことも好材料。

ブレグジット期限が半年先延ばしになったことも
心理好転につながっているのかもしれません。

しかし、、、、米金利が上昇しているからドル高になっているわけありません。
ドル円は大きく上昇しましたが、これはむしろ円売りによるものとみられます。

※通貨インデックス一覧


ドル、あがってないじゃない。
円が売られているんです。

こんなニュースもある中で何故円売りが優勢なのでしょうか…。

日本に為替条項要求へ 米財務長官、貿易交渉で明言
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43724560U9A410C1000000/
日米が15日から始める貿易協定交渉で「為替も議題となり、協定には通貨切り下げを自制する為替条項を含めることになる」と述べた。



金曜夜、豊商事WEBセミナーで大倉たかしキャプテンに伺ったのですが
三菱UFJ銀行が先月、独DVBバンクから航空機ファイナンス関連事業を
買収することで合意したと発表したのですが、
貸出債権56億ユーロとその他事業基盤を年内譲渡完了するとのこと。
これが、市場に出ているためのユーロ円主導でのクロス円上昇との指摘が。

つまり、日本企業がドイツの会社を買うM&Aに伴う実需。
ユーロ買い円売りが出ているということね。

これがどの程度為替市場を通じてユーロ調達が必要なのかも
先週末にどの程度のユーロ買いが出たのかもわからないのですが
もしこれが事実なら、このユーロ買いが止まれば、
ユーロ円上昇の勢いも止まってしまうってことです。

しかも、リスクを取るにはカレンダー的にも控えたい時期ですが。。。

動き出した10連休トレード
投資家、荒れ相場を警戒
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43712090T10C19A4000000/

10連休を2週間後に控えた今、この相場に乗っていいものか…💦

米市場に関しては、債券売り株買いなので
素直にリスク選好相場なのかもしれませんが、
日本市場は連休リスクもありますし、
M&A玉が為替相場をけん引しているのだとしたら注意が必要だと
思うのですが、逆にみんなが警戒を強めているが故に上がり出したんでしょうか。
ポジションはまだ作っていません・・・・。情けない😞

テクニカル的に言えば、豪ドル円が
長期レンジ相場を上方ブレイクしているので、豪ドル円がトレンドと
なる可能性もあるのかな、、、と思っていたり。
今週は豪ドル円を押し目買いしてみようかと考えています。
素直に流れに乗るしかないような、、、。

今週は15日~日米通商交渉スタート。
これを警戒する声が大きいのですが、理由はどうあれその前に
ドル円は大きく上昇しているのが事実です。
ただ、ドル円はレンジをブレイクしていませんので
レンジを抜けた豪ドル円狙いで。
人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社