2019年11月28日木曜日



米中通商交渉は合意に近づいているといった類の報道が
繰り返されるばかりで、一向に詳細が見えてこないのですが
マーケットはこの問題にはあまり深刻ではありません。

今夜の米国株式市場は、ダウ平均には一服ムードが漂っていますが
Nasdaq総合指数、S&P500、そしてラッセル2000は続伸で強気継続。

※米主要株価インデックス一覧


特にラッセル2000、米国の中小型株市場がレンジをブレイクして
上昇開始、って感じに見えますね。

今夜は米国のGDP改定値、耐久財受注などの指標が発表されましたが
どれも予想を上回る好結果で、為替市場でもドル円相場が上昇基調。
これに連れて、クロス円も強含んできました。

7-9月期GDP改定値:前期比年率 +2.1%
            (予想:+1.9%、速報値:+1.9%)

7-9月期 個人消費改定値:前期比年率+2.9%
              (予想:+2.8%、速報値:+2.9%)

10月耐久財受注速報値:前月比+0.6%
           (予想:-0.9%、9月:-1.4%←-1.2%)

10月耐久財受注(輸送用機除く)速報値:前月比+0.6%
                 (予想:+0.1%、9月:-0.4%)

※ドル円クロス円


四角で囲んだレンジをブレイクした方にエントリーと考えていましたが
今日、キウイ円とカナダ/円が抜けてきましたので
NZドル/円を70.12円
カナダ円を82.31円でロング参戦。

ドル円が米指標受けてドル高基調となったことで、
このエントリーは現在のところ成功しています。

ポンド円まで上昇してくれてホッとしています。
ポンド円は140.26円でロング継続中。
ただし、ポンド円はまだレンジの中から抜けていませんので
レンジの下限を下方ブレイクのリスクも残されていますが。

また、日本株市場もマザーズが息を吹き返しつつあります。

※マザーズ指数




2018年初頭にトップアウトして2年近くも下げ続けてきたマザーズ指数が
底入れ、下落トレンドから上昇トレンドへ転換したように見えます。

個人投資家も息を吹き返すかもしれません。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社