2019年11月6日水曜日

今夜もドル独歩高。

※通貨インデックス一覧


特に下落の激しいユーロ、円を売ってドル買いしていたら
効率的に利益になっていたわね。

つまりユーロドルの売り、ドル円の買いですが、、、

私が売っているのはポンドドル(;´・ω・)

ポンドはそんなに下がってないのであった・・・。

ドル高の背景は金利高、、でいいかな。

※米10年債利回り

ドイツ債、英国債なども上昇しているので
必ずしも金利差だけじゃないんですが
JGB・日本国債の金利は独り下落基調を強めているので
円売りドル買いというのは金利面からも安心のディール。

ドル円乗ればよかったかな・・・・

欲張らず、ポンドドルショートのみです。
株価インデックスはダウロング継続。
KOSPIが続伸中。原油もしっかり上昇してきており
景気の先行きへの期待も相場を支えている印象。

今夜は
10月米ISM非製造業景況指数が発表されましたが

結果:54.7 (予想:53.5 :前回:52.6)

いいじゃないの・・・・。ということで安心感も。
これでドル/円相場109円台乗せです。
このリスクオン傾向はもうしばらく続きそうです。

※今日はRBA豪中銀、政策金利を0.75%に据え置き

「 持続可能な成長を支えるために必要なら政策を緩和する」
「金利は長期間低水準にとどまる」
「 豪経済の見通し、3カ月前からほとんど変わっていない」
「 特にシドニーとメルボルンの住宅市場に転換の兆し」
「 新規の住宅建設は軟化した」
「 緩やかな転換点に既に達したもよう」

* 2020年と21年の基調インフレ率は2%近くになるというのが中心シナリオ
* 21年の基調インフレ率は2%をやや上回る見通し
* 経済成長率の中心シナリオ、今年が2.25%前後・21年が3%前後
* 消費見通しが引き続き主な国内の不透明要因
* 家計の可処分所得が小幅にしか伸びない状況が継続、引き続き個人消費の重しに

これを受けて豪ドル強含みも,,,,長続きせず。
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社