2019年12月13日金曜日

12日、、、ということで英国の総選挙当日なわけですが
選挙結果が出る前に、米中通商交渉ネタでリスクオン相場キタ――(゚∀゚)――!!

今日、15日の対中制裁関税第4弾に向けて、発動するか、それとも延期するかを、
通商交渉チーム(ライトハイザー米通商代表部代表とムニューシン米財務長官)
+クドロー米国家経済会議(NEC)委員長+ナバロ米大統領補佐官らで
協議しているのですが
トランプ大統領が「中国との大きな取引が非常に近づいている」とtweet。

それだけじゃなくて、米交渉担当者が3600億ドル分の発動済みの関税のうち
最大で50%を撤廃することを提案している、とWSJが報じました。

トランプ氏、米中貿易合意「非常に近づいている」
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO53301270T11C19A2000000?s=3

これを受けて、ドル円が急上昇。
そしてダウ平均も最高値、、、今夜更新するかな?!

合意が近い、って話はもう何度も聞かされていますけど
既存の関税の半分の撤廃ってのは情報が具体的なので
信ぴょう性を高めているといいますか。

明日には英国総選挙の結果も出てくるでしょうから
ドル円はレンジ相場を抜けることはないと思いますが現在109.16円まで上昇中。

米中と言えば、貿易関係の深い豪ドル、キウイですけれど
豪ドルドルとNZドル/ドルは今週週初までロングしていたのをやめてから
動意づいているワケですが(;'∀')
FOMC直前あたりからドル安基調が強いこもあって
謎のオセアニア高が継続しています。

豪ドルドルを0.6882ドルで
豪ドル円を74.74円でロング再参戦中。

その後に今夜の米中交渉ニュースが出てきたのでラッキー。
今回はうまく利が伸ばせるといいな(*‘ω‘ *)

NZドル/円、ユーロ円のチャートも魅力的なんですが、
リスク量は増やさないでおきます。


明日の総選挙結果で乱高下必至かと思っていますので
ポンド円140.26円Lは143.35で手仕舞い。
ポンドドル1.3015ドルLは1.3165ドルで仕切りました。


あ、昨日のFOMCは特筆すべきことはなし。

政策金利は1.50~1.75%に据え置きを全会一致で決定。
3会合連続で複数の反対者がいたのですが、今回は投票権を持つメンバー10人全員が
据え置きに賛成票を投じています。

声明文
「現行の金融政策の運営姿勢が、経済活動の持続的な拡大、力強い労働市場の状況、委員会の対称的な目標である2%に近いインフレ率を支えるために適切だと判断する」

前回10月の声明文にあった「この見通しに対する不透明感は残る」部分削除。

これは景気判断引き上げですので当面の利下げの可能性がないことを示唆するものですが
一方でパウエル議長は利上げには「相当強い物価上昇が必要」と言及しており
ややハト派的な印象。

ということで、全般ドル安進行となっていますね。

そして今夜のECB理事会。ラガルド新総裁のデビューですが
金融政策は現状維持。

ラガルド総裁は、最近の指標の結果で景気減速に歯止めがかかり始めた兆候が
見られると言及。景気判断が引き上げられたことからユーロ買いが優勢となりましたが
明日の英国総選挙も意識されちゃってるのか買いは続かず。

今夜はドル金利も上昇しているので、ドルが巻き返している側面も。
ポンドロンガーの手仕舞いもあろうと思いますし、
欧州通貨を買うタイミングではないかな。

明日早起きできればポンド再考します。
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社