2019年12月15日日曜日

13日㈮は2大ビックイベントを受けてマーケットは大ハッスル。

12日の英国総選挙は日本時間の13日金曜東京時間オープン前には
出口調査にて保守党が圧倒しているという報道によって
ポンドが急騰。(前日にポンドロング手仕舞ってしまった)

【英総選挙2019】 与党・保守党が大勝 ブレグジットに「新たな信任」と首相
https://www.bbc.com/japanese/50766470

ドル円、クロス円もリスクテイク方向に上昇となりました。

日経平均なんかものすごい窓を開けて高値更新していますね。

※日経平均


そして、さらに驚かされたのが
15日の対中追加関税の発動が焦点かと思われていた
なんと「第1段階」協議で合意との報道が。

米中が「第一段階」通商合意、関税発動猶予 米農産物購入拡大へ
https://jp.reuters.com/article/usa-trade-china-idJPKBN1YH1ZO

中国、2年で対米輸入22兆円増 米中「第1段階合意」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53362910U9A211C1000000/

中国が農産品やサービスなど対米輸入を
今後2年間で計2000億ドル(約22兆円)増やすことで合意したようです。

合意文書の詳細を詰めて20年1月の第1週に閣僚級がワシントンで署名する予定。

もちろん15日に発動予定であったスマホ、ノートPCなど1600億ドル相当に
15%の関税をかけるとしていた第4弾は見送られましたが、
それだけではなく
2019年9月に発動した1200億ドルの15%の関税を7.5%に引き下げることも明らかに。
これについては文書の署名後30日後に実施する予定とされています。
ということは文書の詳細は詰められておらず、署名もされていないのね。
この点は気がかりですけれど・・・。

(家具、家電、半導体、産業機械など
 2500億ドル分相当にかけられた25%はそのまま継続(2018年7~9月スタート)
                       
当初はすでに発動済みの3600億ドル相当の関税を50%引き下げるという
報道もあって、なかなかホントのところが見えなかったのですが
まあ、お互い歩み寄ったということでしょう、
おそらく両国ともに国内アピールが必要な局面であったのかと。

制裁関税下げ、米消費者に配慮 交渉継続へ圧力も
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53378920U9A211C1EA2000/

15日発動予定の第4弾は米国にとっても影響が大きいということもありますね。

米財務長官はすでに第2段階について言及しています。

米中の「第2段階」通商合意、複数回に分割も=米財務長官
https://jp.reuters.com/article/qatar-forum-trade-mnuchin-idJPKBN1YJ04W

気がかりなのが、文書化はまだであり両首脳署名は1月であるということ。

米、関税措置も視野 中国が合意条件不履行なら=カドロー氏
https://jp.reuters.com/article/usa-trade-china-kudlow-idJPL4N28N3RD

カドロー米国家経済会議(NEC)委員長
第1段階の合意を巡り不和が生じ解決が不可能であれば
「何らかの措置が取られる。合意条件を履行させる手段として
関税措置が取られる可能性はある」

中国はこれまでも農産物を買うと言いながら履行せず、
ということがありましたので、
第1段階合意の確実な履行が確認できなければ
今回の合意が白紙に戻るリスクは残っているということですね。

年明けまで持ち越されただけじゃないか、、、って気がしないでもないですが
マーケットはこれに反応しちゃってますので
後は勢いについていくしかありません。

ただ、冷静になったマーケットがリスクを抑える可能性もありますし
材料出尽くしでの手仕舞いが年末に向けて旺盛になる可能性もあります。

日経平均やユーロ円、ポンド円などクロス円は
チャートからは新値更新ですので押し目買いですが
そろそろ欧米勢もクリスマス休暇に入りますので
流動性が低下することにも気をつけたいですね。

私もあまり積極的にポジションを取ろうとは思っていません。

米中協議はマーケットの押し上げ材料でしたが、
週末13日は米下院司法委員会がトランプ大統領弾劾訴追案を巡る採決を実施し、
権力乱用と議会妨害の弾劾条項を賛成多数で可決しており、
これが米国株の売りを誘いました。
今週にも野党民主党が多数を占める下院本会議で採決に掛けられます。
ここで可決されれば、数週間以内に上院で弾劾裁判が開始される見通しです。

上院での可決はないと思われますので、弾劾はパフォーマンスにすぎない
というのが一般的な見方ではありますが、
いいニュースでないことは確かです。

意外と今週からは、イケイケ相場が一服して調整が入りそうな予感・・・。

ポジションですが
豪ドルドルを0.6882ドルLは0.6908ドルで手仕舞い、
豪ドル円を74.74円でロングは75.54円で手仕舞っており
ポジションはなくなっています。

金曜のリスクオンでもっと上がるかと思ったのですが
どうもNY時間以降は、材料出尽くし感が出てきたので・・・・。

超短期では材料出尽くしでの調整入りがあると嫌なので
押し目を待つスタンス。
年末年始に安値を拾って、中期的にはじゃぶじゃぶ緩和相場ですので
株やクロス円相場はまだまだ上がる予感。

2020年のどこかで盛大に崩れそうな気もしますが、、、。
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社