2019年12月25日水曜日

MaryXmas!!

ということで、流動性低下中ですがゴールドに注目。

※ドル建てゴールド




金が高いというのは、教科書的にはリスクオフの時だったりするのですが
金融市場を脅かす悪材料が出たというわけでもありません。
むしろ昨日23日月曜には中国が輸入関税引き下げを表明しており
トランプ大統領も21日に「まもなく第1段階の通商合意に署名すると
発言しており、その後ちゃぶ台返しもありません。

中国、850品目の関税引き下げ 来年1月から
https://jp.wsj.com/articles/SB11116437583125473536504586095502158722050

ではなぜゴールドがレジスタンスを超える上昇を見せているのか。

①ひとつはアノマリー。

過去17年、クリスマス前にゴールドを買って、1月11日に売った場合、
15回は上昇(利益が出る)、その平均上昇幅は30ドルとなっています。
前回2018/12/24と2019/01/11のケースでも1261.25ドルが1292.80ドルまで

31.55ドルもの上昇を見せています。年末年始でV字上昇、過去17年で
ほぼ9割の確率で上昇しています。
これはJBMA日本貴金属マーケット協会 池水雄一氏による検証。

②そしてドル安 通貨インデックス一覧



それほどボラティリティは大きくないのですが

ドル安ですね。円、オセアニア通貨、ユーロ、そして今日に限っては
ポンドまでドルに対して上昇しています。

ドル安は国際商品高をもたらします。

何故ドル安になっているのかはわかりませんが。
クリスマス時期ですし、流動性が低下している時期ですので
この薄い商いの中で細々と取引されているマーケットの需給が
ドル売り、他通貨買いが優勢だということなんでしょうけれど。

豪ドルロングなので、これは安心してみていられる相場。

ユーロドルもそろそろ買ってもいいような気がしますが
明日25日は為替市場も休場となりますので、
今日わざわざリスクを取ることもないですね。

ポジションは継続です。

ゴールド上昇が、先々の株安の先行指標とならなければいいですが。。。
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】


※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社