2020年1月20日月曜日

米国は20日月曜、キング牧師生誕記念日、ウェリントン記念日で休場ですので
先週末17日金曜は3連休前の取引だったわけですが、、、、
米国株は3日続伸、主要3指数がすべて最高値更新です。

※米主要インデックス ラッセル2000中小型株だけ週末手仕舞いが

しかし、黄色のラインが200EMAなんですが、その乖離たるや。
そろそろ調整がはいるんじゃないかってひやひやものよね。
S&P500種株価指数は8営業日連続で日中取引ベースの最高値も更新しており
短期的には過熱感もあろうかと。
米中通商交渉第1段階署名が滞りなく行われたことと
業績相場が大手金融機関の決算が比較的堅調なことなどが
市場を強気に傾けています。

そしてこの指標。

12月住宅着工指数 前月比 +16.9% 161万戸(予想+148万戸)
    →予想の全てを上回り、13年ぶり高水準 増加率は3年ぶりの大きさ
       
低い住宅ローン金利が効いているんでしょう。
チャートを見ると住宅市場の勢いが凄まじい。


また、12月鉱工業生産が発表され、
全体で見るとマイナス0.3%と予想より悪化しているのですが

12月鉱工業生産:前月比▼0.3%(予想:▼0.2%、11月:+0.8%←+1.1%)

製造業生産は前月比 +0.2%で市場予想の▼0.1%よりよかったことと、
自動車を除いた製造業生産は+0.5%で
4カ月ぶりの大幅な伸びだったことの方が
市場に評価されたようです。

2019年通年の製造業生産は ▼0.2%と3年ぶりのマイナスで
良くなかったのですが,
終盤になって、やや明るさを取り戻したということか。
先週は小売売上高も良かったですし、
米国経済は心配ないと安心感も広がっているのでしょう。

連休あけ21日にはウクライナ疑惑を巡るトランプ米大統領の弾劾裁判で
実質的な審理が上院で開始されることになっていますが、
マーケットは全く懸念していないようです。

株式市場が絶好調ということに加えて、為替市場では指標を好感したのか、
それとも3連休前のポジション調整がはいったのか
ドル高が大きく進んで週末の取引を終えています。
ドル独歩高ですね。

※通貨インデックス一覧



ドル高という側面もあったかと思いますが、ポンドは独自材料での下落も。

英国の12月小売売上高(自動車燃料含む)は11月に続いて2カ月連続のマイナス。

12月英小売売上高 前月比▼0.6%(予想+0.5%)
プラス予想がマイナスの結果なんだもの、そりゃ売られますね。

https://fx.minkabu.jp/indicators/GB-RS
1月30日にBOEの金融決定会合が予定されていますが
利下げを実施する確率は75%にまで上昇したことでポンド売りに拍車がかかりました。

利下げの思惑はもっと前から広がっていたのですが、その割に強含んでいたので
ポンド売りをやめてむしろロングしたとこなのにヽ(`Д´)ノプンプン
143.35円ロング、144.50円まで上昇しましたが、
143.50割れまで落ちてきたところで逃げました。

BOEまでに利下げ織り込みがさらに進めば
ポンド売りがさらに進むかもしれません。
そうなるとポンドドルではドル高ですが
さてユーロに対してはどうなるでしょう、今週がECB理事会です。

今回の理事会でラガルドECB総裁は、
戦略検証について発表するとみられており
その内容に注目が高まっています。

現状のインフレ目標を変更するべきとの声がEU域内からあがっており
現状のECBの政策スタンスに対して
ラガルド新総裁が検証・変更するとの思惑も。

今回は議長就任後2回目の会合です。
今回の会合での金融政策の変更は想定されていませんが
長期的な戦略についての検証がどのような形で進めらるのか、
そのスタンス次第ではユーロが大きく動きますので要注意。
今週木曜の夜ですよ。


また、今週注目イベントですが月曜にIMFから世界経済見通しが出ます。

これまでIMFが経済見通しで指摘していた「政治の舵取りのミス発生リスク」
とされる要素の一つである米中通商交渉が妥決したことで、
見通しが上方修正されるでしょうか。

10月発表の世界経済見通しは2019年の世界経済の成長率が前年比+3.0%と、
今年7月時点の見通しから▲0.2ポイントの下方修正となっています。
2009年の世界金融危機以降で最も低い成長率予想を出しており、
成長率の下方修正は2018年10月以降、19年1月、4月、7月、10月と5回連続。
これが止まるのかどうかに注目。

もし、米中リスクが和らいだとして、下方修正サイクルを抜けるようなら
株式市場、コモディティ市場が好感されて
上昇する可能性も大きいと思っています。

それから、ダボス会議にも一応注目ね。
********************************************

20日:国際通貨基金(IMF)が世界経済見通しを発表


21日:日銀金融政策決定会合
21日:カーニー英国中央銀行総裁が演説
21日:カナダ中銀金融政策決定会合

21日−24日:スイスダボス会議開催


22日:米11月FHFA住宅価格:予想前月比+0.2%、10月+0.2%
   米12月中古住宅販売:予想前月比+1.5%、11月‐1.7%

23日:欧州中央銀行(ECB)定例理事会
24日:米 1月マークットサービス業PMI:予想52.5 12月52.8

24日:仏1月PMI:予想50.6  12月50.4 / サービス業PMI:予想52.2 12月52.4
   独製造業PMI:予想44 12月43.7 / サービス業PMI予想53、12月52.9
   ユーロ圏製造業PMI:予想46.8 12月46.3/サービス業PMI予想52.8、12月52.8
   英製造業PMI*予想48.7 12月47.5 /サービス業PMI予想51 12月50
   
ポジションはダウロング継続ですが、どこかで利食おうかと(^-^;

110.03円ドル円ロングはまだ持ってます(^-^;
109.70円を割り込んできたら撤退します。

豪ドル円74.62円ロングも、週末のドル高で豪ドルドルが弱んだ影響で
クロス円も形が悪化したことが気になったので 75.72円で手仕舞っています。

ダウCFD28703ドルロングだけ、そのままですが、、、。
どこかで利食えるうちに利食って、リスク資産の調整を待ちたい気分です。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社