2020年1月6日月曜日

明けましておめでとうございます。
クリスマスにひいた風邪が長引いて寝正月でした。
風邪とは無縁だったのですが
ここ1~2年流行りに敏感になってしまいました…。

さて、2020年の幕開け。

2019年1月3日のフラッシュクラッシュほどではないですが
年明け早々、円高気味に動いています。
アノマリー通りの1月円高となるのでしょうか。

※アノマリー
https://twitter.com/takagifx/status/1209325862547419136
高城泰氏@takagifx ツイートよりご確認を。


※ドル円クロス円一覧 


ただし、9月安値から見ればまだ上昇トレンド継続中。
どの通貨ペアもフィボナッチリトレースメントの
38.2%押しまで下げていません。

※38.2%押しレベルで下げ止まって反発するなら
上昇トレンドの調整局面にすぎないということ

ドルストレート通貨を見ると、、、年明けからドル高です。


つまり、ドル高円高。リスクオフの時の典型的な値動きですが
ストレート通貨で見ても、昨年秋からのドル安トレンドが終焉するほどの
大きなドル高ということでもありません。

為替市場だけを見ると、
本格的にリスクオフ相場にシフトしたとは言い切れません。

株式市場は?くりっく株365のダウと日経を見てみましょう。

う~ん、ダウはまだトレンド崩壊というところまで下げていませんね。

ただし、日経平均の形はあまりよくありません。
ここから下げのトレンドが加速する可能性は否定できないかな。

※くりっく株365チャート一覧 3日金曜の日経CFD引け値は 23272円


12/30の大納会、日経平均は 23656.62円で引けていますので
週明け、正月明けの東京マーケット現物市場は
日経平均で400~500円程度の下落スタートとなるのでしょうけれど、
問題は、その後、反発するのか、それとも調整が長期化するのか。
チャートはまだ全然上昇トレンドを継続しています。

3日のダウ、現物市場では233ドル安の28634.88ドルで週末引けたのですが
陰線じゃなくて陽線引けなのよね。
過剰流動性相場、下げたら買いたい向きも多いようです。

年始の為替市場、日経CFDの下落の背景は
1月2日、米国政府が報復空爆でイラン革命防衛隊コッズ部隊の
ソレイマニ司令官を殺害したことを発表したことを受けたもの。

米国はソレイマニ司令官が
「多くの米国市民を長期にわたり殺害してきた」としたほか、
「さらなる殺害を計画していた」として報復攻撃を実行したとしています。

これを受けてイラン革命防衛隊幹部が
「中東地域にある35のアメリカ関連施設や、
ホルムズ海峡を航行する船舶などが射程内に」と報復を示唆しましたが
実際に4日、イラク首都バグダッドの米大使館などがある
旧米軍管理区域(グリーンゾーン)にロケット弾が1発撃ち込まれた他、
グリーゾーンに近いジャドリヤ地区に1発、
バラド空軍基地にも2発のロケット弾が撃ち込まれています。

現時点で犯行声明は出されておらず、死者も出なかったようですが、
このほかにも、核開発をさらに進めるスタンスを明らかにしています。

イラン、核開発「第5段階」発表へ…司令官殺害「報復」で大幅拡大の恐れ
https://www.yomiuri.co.jp/world/20200104-OYT1T50163/
現時点では、まだ発表の報道はありませんが、、、。

そして、米国、トランプ大統領は今回の行動が
「戦争を開始する目的ではなく終わらせる目的だ」と説明していますが
それでもイラン側が報復に出るなら、その限りではありません。

イラン報復なら「52カ所攻撃」 トランプ氏強調 さらなる緊迫化
https://www.fnn.jp/posts/00429822CX/202001051740_CX_CX
・イランが報復した場合、「重要施設52カ所を直ちに攻撃する」
(1979年にイランで起きたアメリカ大使館占拠事件で人質になった数)

イランは3日間の喪に服すると表明しており5日に葬儀を行ったとのことで
週明けには報復に出る可能性もあります。
米国、あるいは米国人を狙ったテロが頻発するようだと
さすがにリスク選好ムードも続かないと思われますので、注意が必要かと。

イランはそもそも米国による経済制裁を

2020年の長期展望としては、FEDの隠れQEに加えて
米大統領選挙年ということもあって
バブルへ発展する相場への期待も盛り上がってきていますが、
その前に、そのムードが冷え込むような下落があっても不思議はないですね。

懸念材料としては

①米国、イランの報復、原油高リスク

WTI原油チャート 


9月のサウジの重要石油施設攻撃時の上昇高値を超えてきました。
ガソリンまで高くなってくると大統領選に響いてきますね。

②週末に発表された米12月ISM製造業景況指数大幅悪化

米・12月ISM製造業景況指数:47.2(予想:49.0、11月:48.1)
5カ月連続の50割れ
改善予想に反し11月48.1から大幅に悪化
2009年6月以降10年ぶり最低の数字


③年末の米短期金融市場に波乱なく、レポ供給額は予定下回る
https://jp.reuters.com/article/usa-bonds-repo-idJPKBN1YY19O

隠れQEと呼ばれるFRBによる短期レポ市場への資金供給ですが
年末波乱はなく、予定額を下回ったとのこと。

もし、短期市場が落ち着きを取り戻すようなら
隠れQEも市場が懸念、いえ期待?!するほどには続かない可能性も。

来年第2四半期までは続けるとされており
12月までのペースで考えるならあっという間に過去最高レベルの
450億ドルを超えちゃうとみられていましたが、さて。

カレンダーに印をつけろ:来週からFED流動性引き去りが始まる
https://contrarianj.blogspot.com/2020/01/fed.html?spref=tw
・1月半ばには積極的なレポ市場操作は徐々に収めるだろう。


支援材料としては

①中国人民銀が預金準備率引き下げ、景気下支えへ1150億ドル供給
https://jp.reuters.com/article/china-economy-rrr-cut-idJPKBN1Z01PE
・1日、市中銀行から強制的に預かる資金の比率を示す預金準備率を0.5P引き下げ

→これを受けて、2日の米株市場は史上最高値を更新しています。
②米中「第1段階」15日署名 貿易協議 トランプ氏、訪中も示唆
https://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/202001/CK2020010302000128.html

そして、今年は大統領選挙の年である、ということかな。。。
それにしても大統領選は11月。
年始まで続いたブル相場が1~2月に調整してもおかしくないわよね。

ということでポジションですが、豪ドル円、豪ドルドルロングは
1月2日に手仕舞いました。

豪ドル円75.27円 → 76.02円
豪ドルドル0.6873ドル → 0.6986ドル

直ぐには売る気になれず、様子を見ていたのですが
為替市場では円高のトレンドが続いていたので3日金曜になって
これまで最も強かったNZドル/円を72.68円で
強気が増えてきていたポンド円を142.47円でショート参戦しています。

前述しよたように38.2%押しで止まれば押し目完了となる可能性もあるので
短期目標はNZドル/円で70.80円レベル、ポンド円で139.70円レベルとします。


今週は早速米国の12月雇用統計の発表が。

NFP非農業部門雇用者数 予想+16.2万人(11月+26.6万人)
        失業率 予想 3.5%(11月3.5%)
       平均時給  予想+0.3%(11月+0.2%)


それよりも、まずはイランの報復リスク、原油高リスクが
マーケットにどのような悪影響を及ぼすのかが気になりますね。
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社