2020年5月13日水曜日

SellinMayの格言が気になる5月。
今のところマーケットは過剰流動性マネーによる
リスク選好相場が続いていますが
今夜は株高の流れも一服か?!

※米国主要株価インデックス一覧

今夜はトランプ大統領のTweetが多く、中でも

「他国がマイナス金利の恩恵を受けているのであれば、
アメリカもマイナス金利を承認し、その恩恵を受けるべき」

などのtweetが注目ですが
カプラン・ダラス連銀総裁やブラード・セントルイス連銀総裁らが
「米国にとってマイナス金利は良い選択とはいえない」と
反対の姿勢を示しています。

FF金利先物はこんな感じ。

現状では来春3月以降はマイナス金利を織り込んだ状態。

米国のマイナス金利は現実的ではないと思われますが
市場が先々を織り込む形で催促に動いているので
これがどのように落ち着くのかはマーケットは無視できません。

マイナス金利を否定するコメントが出たためなのか、
米株式市場はやや弱含みで推移しています。
さすがにマイナス金利を織り込む上昇はやりすぎですね。

しかし、GAFAMの時価総額が560兆円にも達しており
なんと東証一部の時価総額550兆円を超えたというのはすごい。
GAFA+Microsoftの時価総額、東証1部超え 560兆円に
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58879220Y0A500C2EA2000/
・Alphabet(Google持ち株会社なので G )
・Amazon・Facebook・Apple・Microsoft たったの5社です。

2016年末時点では東証1部が2倍以上大きかったのですから
この4年のGAFAMの伸びが尋常じゃないわけで。
やりすぎじゃぁないの・・・

また、これまでは世界の中銀が金利をゼロに引き下げ
量的緩和に踏み切り、惜しまずバラマキを行ったために
実体経済無視で上昇してきた相場ですが
バリュエーション的に、コロナ前の株価水準まで戻したとなると、
ここから上を買うにはもうひとつ劇薬が欲しいところ。

トランプ政権は3日に
「雇用を立て直すため、給与税減税が必要だ」 として
1.2兆(128兆円)ドル規模の減税の検討に入ると表明しましたが、
ここまでですでに2.8兆ドル超の財政政策を打ち出しており
これが通ればなんと財政出動が4兆ドル規模、GDPの2割に相当?!

株価も戻ってきて、一時期の悲壮感がなくなった今、
さすがにここからは議会がこれを簡単に通すとは思えません。

大統領選挙に向けて株価を維持したいトランプ政権ですが
コロナ対策で支持率が低下しているとも言われており
マイナス金利に言及するだけでなく
中国株への投資を禁じるとか
政治面での米中対立をあおる行動にも出てきそう。

トランプ大統領、米連邦退職基金の中国株投資引き揚げ指示か-FOX
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-05-12/QA75G8DWLU6801

そして今夜先ほどこんなヘッドラインも

米上院、ウイグル人の権利を巡って対中制裁案を準備中-BBG

こうした国家間の緊張は米中だけではありません。

豪州産大麦に中国が関税賦課の報道「深く憂慮」-バーミンガム貿易相
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-05-10/QA4ZTCT1UM0W01
・豪州、新型コロナ・パンデミックの発生源ついて独立した調査を要求
・中国向け豪州産大麦輸出に関税が課される可能性が

中国、豪州の食肉処理場4カ所からの輸入を停止-12日実施
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-05-12/QA712DT0AFBJ01
・豪州の対中牛肉輸出の約35%をこの4カ所の食肉処理場が占める。

コロナ調査を嫌がる中国による報復でしょうね。
調査を嫌がるということは・・・・と邪推されるのに。

これを受けて豪ドルが売られるか。。。というと
それほど大きな動きにはなっていないのですが
豪州が対中姿勢を改めないことには
中国との貿易関係はこれまでのような良好なものでは
なくなっていくと思われ、豪州経済の先行きに懸念が生じます。

ということで、これまで唯一上昇トレンドを描いてきた
豪ドルが、この先も上昇トレンドを継続できるか微妙になってきました…。

※通貨インデックス一覧 豪ドル上昇トレンド終焉か

さらに、ここからリスク選好相場が続くとは思えぬニュースが。

ノルウェー、政府系ファンドから4兆円引き出しへ-従来最多の4倍
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-05-12/QA7SK1T1UM1401

ノルウェーのSWFが換金売りを始めます。
4兆円規模はなかなかのボリューム(゚Д゚;)。

19年末の運用残高は10兆880億クローネ(118兆円)
2019年の運用益が19兆8000億もあったそうですが
うち日本株の19年末時点の保有残高は約7兆5000億円。
18年末より約1兆3000億円増加しています。

日本株の保有銘柄数は1542。

保有首位がApple、2位がMicrosoftだそうですので
この辺りのキャッシュ化もありそうですが
日本株も上がっているものは手仕舞われるリスクじゃないかな。

高くなった株ほど気を付けたほうがいい。

ということで、ここからはあまりリスクを取りたくないですね。

カナダ円ショート継続です。

※ポンドが下がってきそう・・・。
好機があればポンドショート狙ってみます。

※ドルストレート一覧


ブロードベント英中銀副総裁がCNBCとのインタビューで

英MPCは必要なこと行う用意がある
必要であれば追加緩和は可能
金融政策はインフレ目標を達成することに焦点当てる

などと発言しており、追加緩和政策が織り込まれれば
ポンド安が進む可能性も?!
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】





※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社