2020年6月3日水曜日

2日火曜、日経平均は続伸。+263.22円 22325.61円               
海外勢の先物買い戻しが主導する形で
現物指数が上昇する流れがトレンドとなりつつあります。

米国ではデモ、、、というより強奪、暴動といった事態に
発展していますが、これを組織だって扇動する資金があるとの
指摘も出てきて政治的色合いも濃くなりつつありますが
マーケットは、この事態をほとんど材料視していません。

あちこちに不安材料がある中で上昇を続ける株価をみて
買わざるリスクが、待機マネーを動かし始めているのでしょうか。
今の株式市場は、材料より需給で動いているようです。

原油価格も落ち着きを取り戻し、再下落を不安視する声は
聞こえてこなくなりました。

来週6月9~10日にはOPECプラスの定例総会が予定されていますが
トランプ大統領が仲介し緊急減産合意を取り付けた際、
7月からは減産量が緩和される計画となっています。
つまり、増産になってしまうわけですが、
そうなれば原油価格は再び下落するリスクがある、ということで
このOPECプラス総会で現状の減産枠が延長維持されるかどうかが注目です。

そんな中、今日はこんなニュースが。

ロシアなど複数のOPECプラス、減産の1カ月延長を支持-関係者
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-06-02/QBAN5UT1UM1L01?srnd=cojp-v2

これで、原油市場には安心感が。
こうしたプラス材料には敏感に反応する地合いとなっています。

くりっく365CFDの日経平均は現在22525円まで上昇してきました。
20093円でロングしているので2500円くらい抜けそう!
どこで利食うか考えるフェーズに入ってきたかな。。。
23000円台回復までは持とうと思っていますが。


さて為替。
5月中旬からほとんど心停止状態に見えたドル円が急伸しました。
118円にはストップロス注文が多かったと見え
これを狩りに行く上昇でしょうか。

もしそれだけだったら、狩った後すぐに落ちてきてもいいのですが落ちない。
何か特殊玉(M&A的な?)でもあったのかな。
コロナ禍で企業買収などは下火になっているとみられていますが、、、

ドル円が上昇したおかげでクロス円全般が上昇となっています。

昨日ユーロドルとユーロ円のロングを手仕舞ってしまっていましたが、
夕方、ユーロ円が昨日の高値超えとなる上昇を見せたため
ユーロ円120.08円で飛び乗りました。
その後ユーロドルを1.1635ドルロング。

昨日から動き出したポンドは押し目らしい押し目がなくて
乗れずにいましたが夜になって135.29円で遅ればせながらのロング参戦。
円安がスタートしそうなので、クロス円にしています。


ポンド続伸、対EU交渉で英国が妥協示唆の報道
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-06-02/QBAR63T1UM0W01
・英紙タイムズは2日、英政府が妥協する可能性を報道。

このところドル独歩安だったのですが
ここに円安も加わりそうなムードに。

※通貨インデックス一覧

典型的なリスク選好相場の流れですね。

ということで、ちょっと気が大きくなってきて
ポジション持ちすぎちゃった。。。。
昨日ユーロから降りちゃったので、慌てて乗り直すなど
あんまりいいトレード姿勢ではないような気もするので
相場の急変に備えて今日作ったポジションについては
ストップロスをタイトに、コストに置くこととします。

あ、豪ドルドル0.6534ドルL 0.6594ドルLロングも継続です。

ドル円がこのまま円安のトレンドに乗ってくれれば
クロス円も大きく伸びるのでは、、と淡い期待。

と書いているうちにドル円108.66円まで上昇。
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社