2020年6月30日火曜日

週明け6月30日月曜、日経平均も明確にトレンドラインを下抜けた、
と言っていいかな。

日経平均は▼517.04円 21,995.04円

日本株市場にこれと言った売り材料が出たワケではなく
先週末の米国市場での下落を受けた売りですね。

先週の米国市場では、25日木曜にボルカ―ルールの緩和報道で
米金融機関の株が買われるなど、反騰期待が高まる局面も
あったのですが、翌日、FRBが発表したストレステストの結果を受け
大手銀行は9月まで増配や自社株買い再開が禁止されたという事情もあり
上昇した分が剥落し、センチメント悪化のまま取引を終えていました。

加えて感染第2波拡大による軽罪活動の再停止や
トランプ大統領の支持率低下などの懸念も加わって、、、ということですが、
今夜の米株市場は、これがまた反騰大きいんですよ…。

きっかけはこれか。

米・5月中古住宅販売成約指数:前月比+44.3%
              (予想:+19.3%、4月:▼21.8%)

3カ月ぶりのプラスで予想を上回り過去最大の伸びを記録。
当然ながらこの「成約件数」は「販売指数」の先行指数ですので
中古住宅の売れ行きが改善している、ということを好感した模様。

ちなみに5月の米中古住宅販売件数は市場予想以上に減少しており
2010年10月以来の低水準でした。

今日発表された「成約件数」ですが1~2か月後に販売取引が
成立する仮契約件数ですので、6~7月の数字は劇的改善見込み、
というわけね。

あるいはこんなニュース。
https://finance.yahoo.com/news/hedge-funds-rushing-bearish-u-061457637.html
・株価の急騰が崩壊の兆しを見せているにもかかわらず、ファスト・マネー・ヘッジ・ファンドは米国株の弱気な賭けを急いで買い戻している。

・投機的な投資家は23日までの1週間に、S&P500種株価指数の
 Eミニ先物を20万6227枚買い越した。これは2007年以来で最大。   

・ショートポジションは差し引きで約10年ぶりの高水準に達していた。

・S&P 500の 「ヘッジファンド・リサーチ・マクロ/CTAインデックス」 は3月以来初めてゼロを上回った。これは、CTAファンドが米株へのエクスポージャーを拡大し、ショート・ポジションを解消している

 S&P 先物ポジションは 6/16 時点で
2011 年 10月末以来の大幅な売り越しとなっており、
これらが買い戻される過程では、さらなる米株上昇があるのでは。。。

ということでしょうか。

米株、調整もじわじわ時間がかかりますね。。。。
3月のような投げが投げを呼ぶ暴落はないと思っているものの
今夜ダウが400ドルも戻しているってのは、ほんと疲れる・・・。

ダウショート、もちょっと粘ります。

7/1 発表予定の米 6 月 ISM 製造業景況指数は
大幅な回復が見込まれていて、
(先般発表となった米製造業 PMI が大幅回復)
これでさらに上昇するリスクもあるんだけど・・・・💦

そうそう、今週は、米 6 月雇用統計が発表になるんですが
金曜じゃなくて、木曜日なので注意してね。

 7/2(木)が雇用統計発表です。

7/4土曜が独立記念日なので、発表画前倒しになるようです。

こちらも 4 月から 2 ヵ月連続で雇用環境の改善が
確認される見込みで、今週末に向けては米株が上がるのかも🤔

さて為替ですが、注目していたポンドショート参戦しました。

ポンドドル 1.2353ドルSです!

明日の6月末の値動きを見極めて
ユーロドルが1.120ドルを割り込んでくるようなら
ユーロドルのショートにも参戦したいと考えています。

そして、月初からはドル円が上昇するパターンが続いているので
明日、ドル円に調整があれば、ドル円も買ってみたい・・・。
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】





※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社