2020年7月1日水曜日

歴史が変わるニュース。

中国、香港国家安全法制を可決-習国家主席が施行令に署名
 https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-06-30/QCPMTFT1UM1N01

この動きを受けて、米上院は先週「対中制裁法案」を可決しています。
下院での可決を経てトランプ大統領が署名すれば
「一国二制度」モデルを弱体化させようとする当局者に関する報告書を
議会に毎年提出するよう義務付けられ、こうした人物の資産を没収、
米国への入国を阻止する権限が大統領に付与されます。

簡単に言うと当局者、、、中国共産党幹部は
米国に入国できなくなりますし資産が没収されちゃうってこと。

すると何が起きるのか。
こんな記事が。

120兆円近い中国4大銀行のドル資金にリスク-米国の対中制裁法案
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-06-30/QCQ6N3DWRGG501
120兆円って、、、随分お金持ってるんですねぇ…。

自国に資産を置かずにドル資産にしている当局者らは
実は自国の未来を信じていないとも言われていますが
このような形で、米国と敵対関係となり資産が没収されようとは
思いもしなかったということなのでしょうか。

これ、とんでもないリスクだと思うんですが
マーケットはほぼスルー。
実際に織り込まれるのはまだもう少し先なんでしょうか。

6/30㈫ 日経平均は反発。293.10円高の22288.14円

月末リバランスによる需給要因などもあったかと思いますが
なかなかにしぶとい・・・。

そして今夜の米株も強いんですよ💦
SOX指数やNasdaqなどは押し目完了とばかりに
上昇し始めたように見えます。
投資家らはサマーラリーを演じるつもりなのでしょうか。

25927ドルでダウCFDショートしてるんですが、
先ほど25651ドルで買い戻しました・・・。
また25400ドル割れに逆指値の売りを置いておくことにします。

なんかね、夏場はラリーで上がりそうな予感もあって。。。
ドテン買いに回ろうか悩んでます💦まだ買ってない。

感染第2波拡大への不安、トランプ大統領の支持率低迷、
米中デカップリングシナリオが着々と進められていく中、
株買ってる場合じゃないと思うのですが、
相場というものは、材料と値動きが必ずしも一致するものではありません。
大倉キャプテンが常々「相場ってのは1+1=2にはならないんだよ」
とおっしゃっていますが、まさに今がそんな感じ・・・。

そしてポンドショートもうまく行っていたのですが
今日は随分と大きな反発をみせました💦

ジョンソン英首相が演説を行い、
50億ポンドの設備投資プロジェクトを推進し、
雇用と経済回復を支援する意向を明らかにしたことなどを受け
買戻しが入っている模様。。

来週にスナク英財務相が第1段階の計画を発表するということで
期待が高まっているようね。

あるいは、こんなニュース全く関係なくて
月末(半期末)リバランスのフィキシングで
ポンドが吹き上がった可能性もありますので
ここから追いかけて買う気にはなれません・・・。

ということで、ポンドドル1.2353ドルSは
昨晩遅くに1.2251ドルまで下落したのに
ジョンソン首相の講演を受けて1.2392ドルまで上昇しちゃった。
1.2331ドルで逃げていますが、再度1.2368ドルで売り直しました。

この後1:30からのパウエルFRB 議長とムニューシン財務長官が
下院金融委員会で新型コロナ感染について証言するようですが
事前にテキストが配布されているため、波乱はないはず…
余計な発言がなければ・・・。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社