2020年9月29日火曜日

 今日は日経500がバルブ時の最高値を更新!

日経500が史上最高値更新、スガノミクスで一層優位か
https://jp.reuters.com/article/nikkei-suga-idJPKBN26J152

・・・って言われても、普段日経500何か見てないよね。

日経平均やTOIPXが当時付けた過去最高値の約6割の水準にとどまる中、
突出したパフォーマンス!!だそうですが
日経500って、構成銘柄の入れ替えが比較的頻繁に行われており
常に優良銘柄が揃っているインデックスですので
機関投資家の間でもベンチマークとしての利用はほぼないのだそうです。

まあ、日経500を見なくても、今日はTOPIXが新値を取ってきました。
日経平均も大幅続伸です。

※日本株主要株価インデックス一覧

今日28日が3月決算企業の
9月末の配当・株主優待の権利付き最終日だった、、、ってこともあります。

明日は権利落ち日となり、配当落ち分は約140円程度との試算。

株高の流れば米国市場でも。

※米主要株価インデックス一覧

週明け、ダウ・S&P500、ナスダック総合と軒並み窓開け上昇。
なんで~(゚o゚;)大統領選、TV討論会控えてリスクとっちゃう?!

ペロシ下院議長が、追加経済救済策の合意も可能だと発言したことが
材料視されたなどと報じられていますが、そりゃそう言うでしょ。
合意はない、なんて言ったら、国民から見放されますし。

何一つ進展があったわけでもないのですが、
どうもマーケットは押し目完了、再度ブル相場入りしたムード。

ダウCFD28008ドルショートは27395ドルで買い戻しました…

弱気は禁物のような気がしてきましたが
まだインデックス買いはしていません。
米株は戻り売りが正解のような気もするし、、、、
迷うようなときは無理にポジション作るべからずですね。

豪ドルドル0.7127ドルショートは、まだ継続しています。
0.7075ドルを超えたらカットします。。。。

豪ドル円74.38円ショートはアゲインスト"(-""-)"継続。
74.80円超えたらロスカットとします。

今日は豪州金融大手ウェストパックがこれまで予想していた
豪州準備銀行(RBA)の「10月の」利下げ予測を
11/3会合での実施に変更すると発表。

具体的変更なので、何か知ってるのかな、、と思ってしまいますが
この発表を受けて豪ドルは神経質に乱高下した後、
ショートカバーが入っているのか、反発基調になっています。

ん~1ヶ月予想をずらしただけなので、これは決して豪ドル買いの
材料じゃないですよね。
ってことで、豪ドルショートは継続とします。

ちなみに、ウエストパックの利下げ予想は・・・
※政策金利OCR+0.2%→+0.1%へ引下げ予想。
※3年物国債利回り目標+0.25%→0.1%へ引下げ予想。

また、今日はポンドも勢いよく上昇しました。
ラムスデン英中銀副総裁の
「マイナス金利をすぐに取り入れようとはしていない」
という発言に反応したと報じられましたが、
この発言、先週20日のものだっていうんだから
なんで今日わざわざこれを掘り起こして報じてるのかが不明。
しかも、マーケット反応しちゃってるし。

それよりも、EUとの通商交渉への期待が材料のような気がします。
ブレグジット通商交渉において
ゴーブ英内閣府担当相が
「欧州委のセフコビック副委員長との会合は良好だった」
「北アイルランドに関して合意できる」と言及したほか、
ジョンソン首相の報道官も「合意は可能」と発言したとのこと。

これがポンドのショートカバーを誘ったのでしょう。

10月16日を交渉期限として検討しているとも報じられており
あと2週間ちょっとの間はこうした突然の上昇、下落を覚悟。
通商交渉をめぐるヘッドラインでポンドのボラがあがるでしょう。

ということで、ポンドには手を出さずに置きます。

ポジションは豪ドルドルと豪ドル円のショートのみ。
株高なので、豪ドルも上がってしまうリスクがあるのですが<`~´>

 

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社