2007年11月1日木曜日

FOMC!
昨日の日銀の金融政策決定会合と違って、見方がいろいろに分かれていたFOMC,マーケットの注目度も高かったのですが、フタを空けてみれば大方の予想通り0.25%の利下げ。注目の声明は、第3四半期の経済成長見通しを底堅いと上半期の穏やかから表現を強めています。合せてインフレリスクをやや強調し、前回に見られた経済成長鈍化リスクについてインフレリスクと同等とするなど、中立的になった印象。ということは、もう利下げはないのでしょうか?インフレは無視できないということですよね。原油は95ドル台、金は800ドル台タッチ。とどまる所を知りません。(中長期的にはこの水準は通過点になるでしょうけれど、短期的には投機的な動きによる高騰という気がします。調整も激しいのでは?原油や金に大きな調整がある時は、ドル高がくる?)

米第3四半期のGDP速報値、前期比年率3.9%!?事前予想の3.0%を上回っています。サブプライム問題・住宅市場の低迷にも、アメリカ経済は底堅いということですが、これホント?後で大きく修正なんかないでしょうね、、、。
加えて雇用統計の前哨戦、ADP全米雇用報告は民間部門雇用者数は10万6000人増加。エコノミストによる予想は6万人増、これも強い。これを受けて一部のアナリストが2日の雇用統計の予想を強気に引き上げています

こうしてみると、もっとドーンとドル買いが入ってもいいような気がしますが、ドル買いは続きませんね。ドル円だけでみるとドル高ですが、ドルはやはり強くないです。今はアメリカ株高、ドル安、商品高、これがトレンドか?そして、円売りですね。今週の一連のイベントをこなして、クロス円が買われました。
おかげで私のユーロ円のポジションは利益に転じています。キウイ円はあと1歩、、、90円を超えれば利益となります。そして昨日作ったポンド円は買値から3円50銭ほど上げていますψ(>ω<)ψヮ~ィ♪
でも、明日朝には、ストップロスを設定してから仕事に出かけるつもりです。明日は、注目の雇用統計。8月のようなサプライズがもしあればこのポジションも再びマイナスに転じかねません。万が一に備えて、ロスカット設定の水準を明朝考えてから出かけます。というのも、明日は雇用統計の時間までに帰宅できないんです。20:00~大倉さんとのYMTV「本音で言わせて」生放送があるんです。そして、そのYMTVですが、大倉さんのブログを見てビックリ!!! な、な、なんですか、、、、


ポジション・トーク・バトル 大橋ひろこvs大倉たかし


って?!聞いてないわよーー!


大倉さんとバトルだなんて、かなうわけないじゃない(>_<;)でも、ホントに大倉さんと私のポジション、今、真逆なんですよね。うーん、いろいろと突っ込まれるのかしら?覚悟を決めないといけませんね、、本番前、お腹が痛くなっちゃったりして(笑) 雇用統計直前の20:00からの1時間、生放送です。ご期待下さい! ここからどなたでもお申し込みができます。→カレンダー11月2日の「申込み」ボタンをクリック!!

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社