2008年1月25日金曜日

ダウ平均は100ドル高で引けました。一時マイナスにも転じていたようですから荒っぽい動きですが、ひとまず弱気が後退したかのようにも見えます。ダウは下髭の長い陰線と陽線が並びました。12500から12600ドルくらいまでの戻りは期待できそうです。ということで為替市場は木曜朝方104円95銭くらいまで円高に突っ込んでから反転、円売りに転じています。実際このポイントあたりからドル買いなのでは?という見方が増えてきました。ドル円というのはひとつのトレンドを半年くらい続けたら反転するというサイクルがあるとかで、昨年6月124円高値に円高トレンドを半年以上続けていますので、そろそろ、、、だとか、1月はドル買い需要が強まるとか、、、。そうそう、昨日の「かわせ年間天気予報」でも200日移動平均線との乖離からもいいところまで来ているというお話がありましたね。ただ、気になるのはどの分析も103円台後半までの円高があってからの反転というのが一致していて、それには少し値幅が足りない。もう一度円高局面があって、そこで103円台を見たらいよいよトレンド転換となるのかもしれませんが、そんなに上手いこと動いてはくれませんよね、、、(笑)下値が少し足りなかったもののこのまま転換して110円を目指す展開となりそう。なのに。ポンド円ショートはまだ持っていたりします、、、。やはりポンド円は205円どころが利食いポイントだったみたいですね。じりじりと円売りが進んでいますので苦しいところ。薄利で利確するか、もう一度円高となると信じるか、、、?212円で一度戻りを叩かれそうな予感もあるのですが、ドル円がこのまま110円を目指すならばポンドは216,7円くらいまで一気にいくかも、、、。と不安を覚えつつまだもう少し様子をみることに。
今日は ラジオ日経「FX投資塾」です。12:15~生放送。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社