2008年2月26日火曜日

金曜のYutaka Market TV「大倉孝の本音で言わせて」終了後、大倉さんと軽く食事をして帰宅すると、ドル円、クロス円ともにずるずると売られており、コレはいい押し目!!とばかりに豪ドル円を98円30銭で拾いました。値位置的には高いところにあるように思うのですが、売られる材料が見つからないのは豪ドルだけ、、、と見ていますので、迷わず豪ドルを買ったわけです。その後、土曜日朝にモノライン救済の話出てきて、ダウ平均も急騰ドル円も上昇、そして豪ドル円も99円台へと上昇となりましたψ(>ω<)ψヮ~ィ♪。

今日、もしくは明日辺りになるのかな?モノライン大手のアムバック救済策が発表されるらしいのですが、現時点ではそのようなニュースが見当たりません。でも、大倉さんがブログで指摘しているように、これは特に目新しい材料とも思えません。大手金融機関が共同で30億~40億ドルの資金を注入するという話が出ているようですから、もうこれは織り込み済み、とみてもいいような気がします。

こんな中、先ほど出てきた米1月中古住宅販売件数。市場予想の480万よりも強く489万件。加えて前月は489万件から491万件に上方修正されており、ドル円・クロス円ともに急騰しています。うーん、カナダ円が高いなぁ。先週までカナダの景気減速懸念から、弱い動きを続けていたのですが、反動高でしょうか?一番軽い動き、、、。ユーロ円は160円台を付けました。一目の曇の上限を突き抜けましたので、これは強い。ただ、オシレーター系の指標が日足で買われすぎとなっていることから、一旦調整もあるかと思いますが、押したら買いで攻めていいように思います。どうやらネガティブな材料についての抗体が出来つつあり、ポジティブ材料には大袈裟に反応するという地合いになってきたように感じますが、、、こうして安心しきったところでドーンと何かが降ってきますのでご注意。しかしながらまだ、安心しきっているというような高揚感もないので、しばらくはドル円、クロス円堅調となるのでは?そして豪ドルも100円タッチも時間の問題。ここで一度頭を叩かれるかもしれませんが、、、しばらく保有しようかと思っています。(゚-^*)ノ""マタネ♪

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社