2008年3月5日水曜日

雇用統計の前哨戦ともいえる2月のADP全国雇用者数が発表されました。予想が前月比+1.8万人のところ、なんと▲2.3万人。さらに1月も+13.0万人から+12.6万人に修正されドル売りとなっています。この発表の前まではドル円、クロス円ともに買われており、今回の急激な円高局面での底値圏からの脱出か?との淡い期待も出始めていたのですが、この衝撃でまた底練りレンジに戻ってしまいそう、、、(´・c_・`) ただ、米金融保証会社アムバックの救済を協議している銀行団が、5日中に、つまり今晩の内に、合意達成を目指しているという報道があったようですので、この内容が市場に安心感を与えるに足るものであれば、ドル円は102円台後半が一応の底値であったとみてもいいのでは?と考えています。このADPでのドル売り、クロス円売りは調整じゃないかと。ただし、100円割れのリスクが払拭されたという意味ではなく、更なる円高があるにしても一旦の戻りを入れてから下げる、というイメージ。あ、こんなことをちょっと前にも言いましたね(笑)同じようなことを言ってポンドを買ったその直後に 急激な円高に見舞われましたので、あまりアテになりませんけど、、、(*'-'*)エヘヘ

ということで、ADPショックの底かな?と見えた103円43銭でドル円を買ってみました。打診買いです。昨日金曜まで様子を見るなどと言ったエントリーをかきこんだのですが、その舌の根の乾かぬうちにに、ですがこれはポジション病でしょうか(笑)今回のドル安の102円60銭をメドに50銭のところに置いておくこととします。106円くらいを目指して保有する心積もりですが、雇用統計などのビッグイベントを控えていますので、すぐに気が変わるかもしれませんので、アシカラズ。

ユーロは相変わらずの強さですが、一部報道で欧州高官のユーロ高を懸念した発言をしたとかなんとか、今後もこうした牽制発言があろうかと思いますが、強い時は何を言っても強いんですよね。一時売られるも反発して高値更新を目指す勢いです。しかし、何処までも高い相場なんてあるわけがない。やはりどこかで頭を打つものです。それが1・55達成で満足するのか、1・60までいかなきゃ満足できないのかはわかりませんが、そろそろなんでしょうね。こういう相場はいたずらに売りを仕掛けても失敗するだけです。明確に天井を確認してから売っても遅くないと思いますので、とっこんで売らない様に自制しております。(`・ω・´)

では、明日の朝また、ショック~というようなブログを更新しなくて済みますように。(゚-^*)ノ""マタネ♪

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社