2008年4月25日金曜日

ユーロドルが今日大きく下げました。
1.50の時は4度目の正直で1.50を超えたら上に走りましたが、何故1.60では上に走らなかったのでしょう?!だいまんさん曰く、1.6は0.8の2倍だから。さて、この0.8とは?今日のFOREXRADIOを聞いてくださいね。なるほど~!!膝を打ってしましました。

ドイツの製造業、対外輸出があまり良くありません。ユーロ高ですものね。今日はドイツのIFOが予想104.3を大きく下回る102.4となったことでユーロドルが大きく下落となりました。このIFO景況感指数というのは毎月数千社の企業を対象に現状や今後の見通しなどを調査して算出しているものですが、ドイツ経済の実態を正しく捉えているとして、ユーロ圏の景気を見る上では注目度の高い指標です。これが悪かった、、、ということでユーロが売られています。今日の下落は2004年以来の大きな値下がりとかで、サポートと見られるテクニカルポイントも次々と下回っている?!1.5700を割り込んじゃいました。1.5500をサポート出来なかったらもっと大きく下げるんじゃないかな?と思いますが、では、1.60達成で天井だったのか?というとどうでしょう?再度高値更新する切り返しはないのでしょうか?

今日のFOREX RADIOではGCIキャピタルのチーフエコノミスト村田雅志さんにお話を伺いました。
今日IFO景気動向の発表のあったドイツがGDPの4割を占め、そしてフランス・イタリアも含めた3カ国で7割と占めるいうことで、この3カ国の景気を見るのが一般的ですが、村田さんは新しく入ってきた旧共産圏の国、ポーランド・チェコ・ハンガリーなどのユーロ周辺国に注目されています。景気が好調でインフレ圧力も非常に高いとか。(この辺りのニュースは私たち個人投資家にまではなかなか届かないのですよね)インフレ圧力が高いということは金利は下げにくい。いやむしろ、、上げることも考えられる?さてユーロの今後は?ユーロドルの今後のシナリオは?このまま天井打ちで下げるのか否か?

それからアメリカの行方。ユーロ圏がインフレ圧力で金利が下げられないということですが、インフレはなにもユーロ圏だけの話ではないですね。アメリカだって同じです。インフレなのに金利を下げています、、、CPIは上がっているけれど、、?!これ、アメリカはどうするの?インフレは放置?このあたりのお話もとっても面白いですよー。アメリカの大手金融機関の決算がひととおり出てきましたが、これ以上悪い決算が今後出てくることも考えられるのでしょうか?今後の決算というよりも、、、村田さんがその昔日本の銀行で経験したエピソードですが、不良債権処理問題で引き当てた損失が繰り延べで戻ってきたことで、ある時の決算がものすごい増益になっちゃった?!なんてことがこのサブプライム関連での決算でも今後出てくるんじゃないか、というお話、面白かったです。そして、ドルはこのまま上昇を続けるのか?ドル円の今年の値動きは?そしてインドが中国の二の舞を演じる?などなど、グローバルな視点からのマーケット分析を伺うことが出来ました。

是非今日のFOREXRADIOを聞くべし!

また、村田さんのレポートは「Klugクルーク~グローバル投資のポイント」こちらでチェックしてください。

さて、今週に入って大人しかったドル円もドル高に離れました。ユーロが売られた訳ですからドル高、、、なわけですね。このまま追いかけて買う?いえ、遠慮しておきます(笑)104.50まで上がってきました。105円超えられるでしょうか?!ちょっと疑問です。どちらかというと短期的にはドルショートしたい気持ちなのですが、とはいえ、ユーロが調整に入ってきましたので、ユーロが売りの時間帯にあるうちはドルは下がらないでしょ、、、ということで、今日もポジション取ることが出来ず。このところいろいろな方のお話を聞いていて、ポンドをショートしたい気持ちが芽生え始めたのですが、今日は上がっているんですよね。この渦中で売る勇気もなく、、今日もポジション無しで休むこととなりますが、休むも相場ですよね。自信がないときは様子を見ることに徹しましょう!!お休みなさい。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社