2008年4月17日木曜日

今日欧州時間にユーロドルが史上最高値を更新しました。現時点までの高値が1.5970台ですが、これが騙しの領域でないなら天井知らずの相場に入ったことになります。間違えないでおきたいのは、天井知らずなだけで天井がないわけではありません。過熱感が出た花火のような上昇が見られたらそこが天井になるものと思いますが、今のところそういう気配はないようですね、、、。どこまで上がるでしょう?前に1.60台をつけなきゃ終わらない気がする、と言ってロングポジションを持ったことがありましたが(直後に急落して損切りましたが)時間をこなした結果やはりそういう相場になってきているのかも。原油はまたまた114.95ドルと最高値を更新しています。(その後反落していますが)

ユーロ最高値更新のトリガーは3月のユーロ圏CPI。消費者物価指数が前年比で 過去最高の水準に上昇しECBの早期利下げ観測が 後退したようです。 欧州時間で最高値更新もNY時間では揉み合いに転じています。NY時間にはいってからは何故かクロス円が買われており、ユーロ円などは162円台にあった直近の高値を抜けてきました。昨日ポンドを売っておけば良かったなぁ、などとつぶやいたりしましたが売らなくて良かったです(笑)歩調を合わせてドル円も地味に上昇していますが、どうやらダウ平均が大きく上昇していることで買いがはいっているようですね。

懸念されていたJPモルガンの第1・四半期決算は、利益が50%減少、評価損が50億ドルを超えるという内容だったものの、予想されたよりは悪くない、よく頑張った!?との評価らしいのですが、このレベルの話になると私にはまったく判断が出来ません。この数字でもダウは売られないのですか。インテルなどの決算が良かったようですからそちらに株価は反応しているということでしょうか?米消費者物価指数は前年比4.0%、コア前年比2.4%と事前予想と一致する結果だったものの、住宅着工件数が94.7万件と100万件割れ、住宅建設許可件数も92.7万件と予想を下回る悪い数字が出ています。ちょっと前でしたら、こういう住宅系の指標には敏感に反応したように思うのですが、、、反応が鈍くなってきていますね。もう悪いのは承知しているよ、ってことでしょうか。もちろん、この内容ですと今月末のFOMCへの利下げ期待が高まるかと思います。為替市場では素直にドル売りでいいかを思うのですが、株価はこれを織り込んで上げているのでしょうか?

明日決算発表のメリルリンチが60~80億ドルの追加損失を計上するだろうと報じており、警戒感が強まっているとかなんとか報じられていますが、今日のJPモルガンの決算が50億ドル損失で反応しなかったのですが、、、どうなのでしょう?

さて。
ポジションを持つ前にクロス円が上昇してしまって、またまた乗り遅れたような気がしています。ユーロドルが天井近しと思うのですが、だからといって1.60で売るという勇気もない。ということで狙い目はドル円か?!ユーロドルが崩れるとき、ドル円が上がるだろうという安易な動機ですが、100円割れを待っていてもなかなか実現しないため、101円割れでロングを仕掛けようかと思案中。先週から書き続けた「今週の転換」というのは私の中でドル買い転換ということでまとまりました。ソロス氏のポジションに向います?!(笑)こうして書いている間にもクロス円がどんどん上昇していく、、、、。飛び乗るべきか押し目を待つべきか、、、、日々悩ましい動きが続きます。ではまた明日。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社