2008年5月17日土曜日


今日はYMTV「大倉孝の本音で言わせて

大倉さんに会うのは久しぶりです。月に1度のプログラムでは聞きたいことが山のようにあって時間が足りない。特に大倉さんはスロースターター。前半より後半に向って盛り上がりを見せるエンターテイナーなんですよね(笑)

今日のテーマは「実体経済と金融市場の混乱のギャップ」

昨今、マーケットに広がっている楽観論。(私も一昨日のブログで「ドルは下がったら買いですよ」なとど書いたりしてますし)果たしてこのままドル円相場は106円、107円と上値追いとなるのでしょうか?日経平均も確りした足取りを見せており、すっかり信用収縮による悲観論が後退しています。シティの41兆円資産売却などひと頃ならマーケットもたたき売られただろう材料にも反応せず、、、思ったより悪くないという程度の経済指標にも敏感に反応、3月17日を起点に買いが続いています。

こうした昨今の環境にちょっと違和感を覚え始めたディーラーがいます。そう、大倉さんですね。さて、大倉さんは昨今のマーケットをどのように感じているのか?今後、どんな材料がマーケットを動かしていくのか、お話を伺っています。

大地震時の為替動向については?というチャットに入ってきた質問に対しての大倉さんの回答が興味深いものでした。中国の場合と東京の場合とは状況が異なる。つまり、次なる動きは?オンデマンド放送で聞くことが出来ますので是非ご確認を。

YMTV「大倉孝の本音で言わせて」5月15日放送を聞く ←こちらをクリック

リスナーの方から、ブログに改行が少なくて読みにくいというご指摘を受けましたので、今後気を付けますね。なるべく改行を増やして、読みやすくしたいと思います。

さて、昨日はりきって買ったポンド円。どうも思ったような動きとなりません。203.45円の買いですが、204.20円くらいまで上がったと思ったら、203円を割り込んじゃったりして、雲行きが怪しいです、、、。

というのも、今回の買いポジションは上昇トレンドラインの下限で建てたポジション。(自分で引いた線ですが)下がってきて、トレンドラインにぶつかった所が買値となる逆張りのポジションですから、その後決してその買値を下回ってはいけないルールな訳ですが、下回ってしまったわけです。こんな時は一度撤退ですね。イメージ通りの動きとなりませんでしたので、買値とほぼ同じ水準203.49円で手仕舞いました。うーんやっぱり戻り売り戦略の方がいいかなぁ?また戦略を練り直します。最近覚えたことはさっさと切る。今日大倉さんにもこの点についてお褒めのお言葉頂戴しました。

ドル円についても104円を割り込んでしまっているので、切るべきか切らざるべきかおおいに悩んだのですが、、、こちらはまだ保有中。意外に粘りが強いんですよね、最近のドル円相場。でも105円台はかなり重い。ひょっとするとしばらくはトレンドなくレンジが続くかもしれませんので、短期で逆張りがいいような気が、、、、。ドル円はもう1度105円台に乗せたら利食ってしまおうかとも思案中。これはまた105円台乗せがあればその時の地合で判断することとします。

遅くなりました、、、というかもうすぐ朝です。明日も予定があるのに(笑)お休みなさい。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社