2008年5月23日金曜日

今日はFOREX RADIO 

昨日出たIFO景況感指数をキッカケに買われたユーロですが、ユーロ買いも今日の東京時間14時くらいまで。1.5810をつけてからは一転ユーロ売りの流れに変わりました。ということで今週に入ってから軟調だったドル円相場でもドル買い優勢となり現在104円台を回復してきています。

でもIFOの前日に発表されたZEW景気期待指数は悪かったんですよね。ZEWの悪化はスルーしてIFOでユーロが買われたのは何故か?というシンプルな疑問に答えてくれる人はなかなかおりませんが、今日の放送ではだいまんさんがこの点について解説してくださっています。同じドイツの指標でも市場に与える影響度に差があるのは何故か、理由が知りたい方は番組を聴いて下さいね。

FOREX RADIO 5月22日放送を聞く

だいまんさんに「ユーロドルは再び1.60をつけるのか」質問しました。1.60を再びつけることを否定はされませんでしたが、仮に付けたとしてもその後、1.70、80と高値を追うようなユーロ買いが入るのか?ということには懐疑的。であるならば、ここから買い持ちすることの妙味があまりに低いという見方でいらっしゃいましたが、高値圏での揉み合い(高値であるだけにボラタイルな)となるのでしょうか。昨日あたりのユーロの上昇は新規の買いが入っているというよりは、ショートカバーなのでは?とのお話でした。

それと私が保有している豪ドル円100円ジャストのショートポジション。これ、については、やはり豪ドル/米ドルの行方に注目!ということで、一昨日のブログに書いた「パリティ」を目指す仕掛けが入る可能性が大きいとのこと。となるとクロス円での豪ドルも単純に100円という心理的節目というだけでのショートはいかがなものか?(笑)的な指摘を受け、だんだん自信喪失気味となったワタクシ、帰宅してドル円の上昇につれてクロス円が買われだしたのをみてとっさにポジションをクローズしてしまいました(笑)99.40というなんとも中途半端なところで、、、、。でも利益は利益。今回はこれで良しとしましょ。豪ドルの新ポジションは戦略を練り直してからにします。豪ドル/米ドルの買いというのも面白いと思うのですが、これはもう少し調整があってからでしょうね。

今日の東京時間にはキウイ円が急上昇。カレンNZ財務相が景気対策案として今後4年間で総額106億NZドル規模の減税策を発表、予想より大規模だったとこのとで79.80円あたりから81.80くらいまで2円近く上昇しているわけですが、このままこの材料で買われ続けるのかというと、、、どうでしょう?でも、減税効果でインフレ圧力が増すことが予測されるとかで、これまでマーケットでは9月くらいに利下げがあるのでは?と見られていたのですが、この利下げ観測が後退しています。じりじりと買われることもあるかもしれませんね。でも、ちょっと今キウイ円には食指が動きません。先が読めないんですもの。そのわりに結構動くので、、、。(でもTMTVのスタッフA氏がキウイは今、とても分かり易いパターンで動いていると言ってました、、、そうかな?私にはそのパターンが見えない、、、)

そして私のダイスキ?なポンド。今日4月小売売上高が発表になりましたが、市場予想の▲0.5%と悪化が見込まれていたものが、▲0.2%と落ち込みが少ないというサプライズで、これを好感した買いがドーンと入りました。ポンドも売り一辺倒で考えているとこういう動きでやられちゃうので気を付けないと、、、。 やっぱり値動き激しいですよポンドって。203円台から206円台まで3円も上げています。

というのも。

途中、205円というのが60分足での短期的なレンジ上限に見えたので205円ジャストで売りを仕掛けました。瞬間204.50円まで下げたので、これは上手くヒットしたわ!とぬか喜びをしているうちにあれよあれよとV字で切り返され、慌てて205.24円でドテンロング。というようなドタバタをやらかしました。損切りと新規買いをいっぺんにやったわけです。豪ドルの100円ジャストを売るとか、205円ジャストを売るとか、結構安易なポジションメイクがマイブームですが、あまりこういう仕掛け方でうまく行くものじゃあありませんね(笑)

205円台で買いに転じたのは何故か?ですが(こんなに上がった高いところを、、、)よくよくチャートをみると、日足のトレンドラインの下限にぶつかった所で上昇反転しているんですよね。中長期的には弱気のポンドも短期的には207円から208円を目指す上昇がありそうな気がします。欲を言えば210円くらいまで行ってくれないかなぁ、、なんても思うくらいに短期的に強気に転じたMY戦略ですが、205円を切るようならクローズしようと思っています。このことろの相場はあまり大きくトレンドが発生しない地味な動きが続いていますので、あまり欲張らないで利食いをいれることも忘れないようにして、、、。ではまた明日!

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社