2008年6月3日火曜日

原油をはじめとする食料などの物価高は今や世界的な問題。
日本でもとうとうガソリンは1㍑170円台に乗せましたが、NZの友人のHP(5/30のヒトコト)を覗くとNZでもガソリン価格が2ドル台(今1キウイドル82円前後ですから1㍑164円くらいかな)に乗せてきたということですが、さらに3ドル4ドルと上昇するという話もあるようです、どこの国でも事情は同じようですね。

この原油価格が需給によるものであるなら仕方がないのですが、実際には現物の取引を伴わない投機筋による商品市場への大量の資金流入が価格を押し上げているといった背景があるわけです。これを問題視する声がアメリカ議会で高まってきたことから、米商品先物取引委員会(CFTC)は29日、投機筋のエネルギー先物取引に関する情報収集を強化すると発表しました。要するに投機資金の監視強化です。

もともとファンドなどの投機筋には建玉制限があるのですが、実需などの商業筋には規制がありませんでした。今回の規制強化では大手投資家のWTI先物取引のポジションについてCFTCへの報告を求めることにした他、インデックス投資家に対しても取引内容の報告を求めることとなったのですが、このインデックス、商品指数ファンドが問題。現在商品指数ファンドが急増中ですが、ここにカルパースなどの年金基金や政府系ファンドの資金が大量流入しています。インデックスなので買ったら買いっぱなし。これがこれまで商業筋として扱われ規制の対象外だったというのが今回の価格の急騰劇の背景にあるようです。

また「一部トレーダーの投機的な取引による相場操縦に関して調査している」ということですから不正取引や相場操縦と見られる動きを厳しく取り締まっていくようですが、この発表を受けて一時は4ドルあまり急落を見せた原油価格も下げ渋っているといいますか、、、切り返してきているといいますか。最高値からは下落しているものの、果たして天井を打ったといえるのかどうかはまだ懐疑的ではありますが、この先も原油価格の動向には注視していきたいですね。このニュースがじわじわ効いてくることもあるかもしれません。

さて今日は円が強い_。という言い方はちょっと違うかな(笑)ドル円クロス円が売られています。やっぱりポンドの208円超えは売りだったんですねぇ。素直に逆張りで売って置けば、、、(タラレバは辞めましょ)英住宅ローン会社ブラッドフォード・アンド・ビングレー社が1-4月の業績が前年同期比で48%減益となったと発表したことがきっかけでしょうか。クロス円全面安、元凶のポンド円の下げがやっぱりキツかったですね。そして米株式市場は今、12500ドルも割り込む下落となっています。ちょっと風向きが変わってきました。ロングポジションは手仕舞ったほうが良さそうです。

豪ドル円のロングですが、まさか100円割れは想定していなかった。やはり昨今の相場は小さく確実に利益を確定させていくスタンスで挑むのがいいようです。のんびり構えていたため100円割れでもしばらく様子を見ていたのですが、やはりあまりに怪しい雲行きに投げました。99.93円でのクローズ。損失は出ませんでしたが、ほとんどの利益を失った水準です。101円タッチでやめとけば良かった、、。しかし、ここでこの怪しい雲行きにかけます。今日の下落王ポンド205円台膠着中に思い切って売ってみました。209円どころから4円近くも下げた後ですからリスキーな仕掛けだなぁと我ながら驚きますが、それでも攻める時には攻めましょう。205.26円で売っています。今回は「雲行きが怪しい」これがショートの理由。こんなんで勝てるんでしょうか?、、、怖い(笑)

さて豊商事のFXカフェがリニュアルオープンしています。コーヒーを飲むところじゃありません。「FXカフェ」とはFX取引のバーチャルトレード(シミュレーションゲーム)の事ですが、来週からコンテストが始まるんですって。なんと1位賞品が「ラスベガス旅行」って、ホントですか-!!これは私もエントリーします!ベガス行ったことないもの。行ってみたいですものー!
メールアドレスのみで誰でも参加できるようですから、あなたも是非私と戦ってみませんこと?!詳細はこちらをご覧下さいね。無料で参加できるようです。

さて、最後に先日対談した森下千里さんとの対談企画がロイターに掲載されていますのでご報告を。

森下さんはテレビで見る快活なイメージだけでなく、しっとりとした大人の魅力も持ち合わせていらっしゃって、1時間以上も投資談義に、そして女の人生について?!花を咲かせました。実はこの対談では女同士でないと話せない事などもたくさん飛び出して本当に盛り上がったんですよ。話がいろいろに飛んじゃって大丈夫かしら?と思っていたのですが、流石はロイターさん!プロの編集の手が入ると1本の筋が入って綺麗にまとまっています。勿論私はFX取引の個人投資家としても話ています。「森下千里と大橋ひろこの楽しむ私たちのボーナス運用戦略」話がどんな風に脱線したかについては、、、長くなりますのでご想像にお任せしますが(笑)是非ご覧下さいね。

おっ。あれこれ書いているウチにポンド円下げてきました。このポジション、上手く行きそうですよ。
ではまた明日。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社