2008年9月7日日曜日

注目の8月の雇用統計は、失業率が6.1%と予想外の大幅悪化。
非農業部門雇用者数も8万4000人減と8カ月連続で減少、
事前予想平均が7万5000人減でしたので、こちらも悪い結果。

発表された瞬間はドルが売り込まれましたが、
すぐさま買い直され結局は発表前よりもドル高でNY時間を終えています。

「かしこいFX」では高野さんがテクニカル分析から推測し雇用統計でドルが買われる?
といった分析をされていましたが、まさかこの内容においてそういう動きになるとは、、、、。

解せないのはクロス円。

戻り売りに相場に徹するが勝ちと信念を固めたところでしたが、雇用統計後のクロス円高、
これ、売っても良いと思います?

日柄でみても値頃でみても、そろそろ反発してもいい頃に見えますよね。
雇用統計きっかけで押し目買いに転換したのかもしれない、、、という誘惑にかられます。
しかし、ここ1ヶ月戻りをとろうとすると失敗するというのがすり込まれてしまっているので、
買うのは怖いです、、、。かといって素直に売ってもいいのだろうか?

というのも、週末に出たこのニュース。

米下院金融サービス委員会のフランク委員長(共和党)は6日、

米政府が連邦住宅抵当金庫ファニーメイと連邦住宅貸付抵当公社フレディマックを
国の傘下に収める計画だと明らかにした。 
7日に正式発表される可能性があるという。
いよいよ財務省が公的資金注入に伴う財務省の権限や
経営陣交代の最終調整に入ったとのこと。

この材料を市場がどうとらえるのか?ですよね。

1、 何を今更感。いずれやることは市場は折り込み済み。あまり影響なし
2、 いや、やはり実際に投入はインパクト大。安心感から株高、ドル高。
3、 財務省の資産減少で不安贈、株売り、ドル売り加速。

2番かな。普通に考えると。
週明けのマーケットの反応を見てみないとわかりませんね。

先週は大きくギャップダウンしてスタートしたドル円クロス円マーケット。
今週はひょっとするとギャップを空けての上昇からスタートするかもしれません。
となれば、短期的トレンドは変わりました。ある程度の戻りが取れる環境になった?!
こんな時はポジションを週またぎで持ちたくありませんね。

今週は水曜にドレスナークラインオート証券のジョセフ・クラフト氏とのプログラムがありますので、
この先の見方を伺うつもりです。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】
人気ブログランキングへ



※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社