2008年9月13日土曜日

戻り売りよね、戻り売り。
と念仏のように唱えながらチャートを見続けていたのですが、
昨晩のNYからガラリと地合いが変わりました。

市場はリーマンの行く末に振り回されていますね。
韓国の政府系銀行が駄目ならバンカメ?報道合戦も加熱気味のようで、
ワシントンポストは「財務省・FRBが民間連合を通じてリーマン売却を検討中」
ウォールストリートジャーナルは「財務省・FRBがリーマンと連携」とする報道をしており、
ゴールドマンは買収を否定とかバンカメが協議中だとか、
今晩のうちに何らかの対策が発表されるとかいろいろに言われているのですが、
現時点では全て憶測の域を出ません。
なんのかんの言いながら破綻する可能性だってある。
マーケットはリーマン絡みのネタに振り回される展開となっています。
メリルリンチへの懸念も高まってきているとかいないとか。

これがクロス円の買いとどういう因果関係があるのかはさっぱりわかりませんが、
ひょっとしてクロス円は下げ止まったのかしら?

昨日11日の安値からの戻りが凄まじいです。

ユーロ円  147.51→ 152.93       
ポンド円  185.92→ 193.03        
オージー円  84.07→ 88.20        
キウイ円   68.51→ 71.64     

ポンド円なんて7円ですよ7円!!

この間 ドル円は106.18→107.74 たった1円50銭程度、、、、。
ドル円地味です。ボラないです。妙味は薄いけど確りしたペアですね?!

こんな動きなものだから、今日はやられちゃいました。
戻り売りスタンスで意を固めたところでしたので190円で売っちゃった。
即191円で撤退。売ったとたんに爆上げでした(泣)

確かに、テクニカルでは行き過ぎのところまできていました。
しかし、クロス円は前回9月4日、5日につけた安値を11日下回っていました。
セオリーで行けば下値を下に切れたら売り加速のはず、、、ですが、
あやの範疇だったのでしょうか?

中長期でクロス円が買える相場となったと言うにはまだ早いのですが、
今日のNYひけ、そして来週週明けの東京寄りつきの水準次第では
押し目買い相場に(短期的に)転換したと言えるのかもしれません。
でも週明け東京ってお休みですよね?!どんな形で始まるのかしら???

売りでやられたくせに、ここまで1日で上げられると売り叩きたくなるのはどうして?
、、、叩くというほどの資金力があればいいのになぁ(笑)
ここから追随買いは怖いという水準まで上げちゃいましたよね。
でもテクニカルは急激に改善して買いを指示している、、、、迷います。

寝る前にポジションを取るのは止めておくことにします。
だって、ここ2週間週明けの東京で凄まじいギャップを開けて寄りついてますものね。
勝負はまた来週です。

   
そうそう、昨日はFOREX RADIO
だいまんさんにこのところのマーケットの動きを聞きました。
昨日の番組収録時点ではクロス円下げ止まりが見えなかったんですよね。

だいまんさんによると、このところの為替市場はクロス円主導で動いていると。
また、原油価格がいよいよ101ドルと100ドル割れも時間の問題で大勢が原油弱気に傾いていますが、
だいまんさんは120ドルまで戻っても不思議はないと。
このところは原油はいよいよ天井を打った、80ドルくらいまでは下がるという話ばかり聞いていたので、
120ドルまで戻るという見方には吃驚しました。
うーん、それはどうでしょう?と思わず番組の中でだいまんさんに異を唱えたりして。
ポイントはそうなった時の為替市場。だいまんさんの分析は新鮮で勉強になります。
是非オンデマンド放送を!!


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】
人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社