2008年9月18日木曜日

今日のスワップ金利、ものすごい変な動きになっていたのを
皆さんお気づきでしたか?

昨日ドル円で1日当たり60円から70円のスワップ金利が
今日は少ないところで200円多いところでは400円に跳ね上がっているんです。
なんで金利がこんなに急騰しているのか?!

しかも、ポンド円、ユーロ円は今日マイナススワップ?!になりました。

これはネガティブスワップと呼ぶそうです。

高金利のポンドはロング、つまり買いポジションでスワップ収入があるというのが常識ですが、
今日はなんとロングポジションで一時マイナススワップになったんです。

ど、どういうこと?

金利マーケットが異常な動きとなっています。
ドルが足りないんです。そのため、ドル金利が急騰している。
このところの金融不安で金利がどんなに高くてもドルを調達をしなくてはいけない事情が
あちらこちらで生じていているんです。

でもドルキャッシュがない。ないから金利が上がる。
そして証拠金取引でのスワップも急騰している、こんなことが今起こっているんです。

このところレパトリからのドル高という状況は、YMTVをご覧になっていらっしゃる皆さんは
もう常識でしょうけれど、ネガティブスワップなんて事態が起こるとは今日初めて知りました。
ということは今は素直に考えればドル買いです。

今アメリカから出てくるニュースはアメリカの信任を揺るがすもの、自然に考えればドル売りです。
でも何故ドル買いになるか、ここを理解できなければ今のマーケットに対峙することは出来ません。
さてここからのドル、そしてクロス円の行方は?

今日はYMTV「どこまで下げる?大荒れのクロス円相場」
FOREX RADIOのだいまんさんとYMTVメインキャスターの高野やすのりさんにお話を聞きました。

リーマンは救済されずAIGが救済されたのは何故か?
ネガティブスワップって?
で、クロス円はどう対処すればいいの?
ドル円のレンジ、オセアニア通貨の行方、、、
そしてだいまんさんオリジナルチャート「円インデックス」も必見!!

話題てんこ盛りで1時間じゃとても足りませんでしたが、
時間が許す限り巻き巻きで現状のマーケットの問題と、今後の戦略をお話いただきました。

パラダイムシフトが起こっています。
もう、値頃、円キャリー、スワップ狙い、でのポジション所有はおやめなさい!!
ということですね。詳しくは今日のYMTVオンデマンドをお聞き下さい。

YMTVどこまで下げる?大荒れのクロス円相場」を見る!

この混乱終焉は何をもって確認できるのかなどお二方の展望お伺いして、大変勉強になりました。

さて、昨日186.80円でロングしたポンド円、寝る前には187.50円くらいまで上がっていたので
安心していました。でもこのボラタイルな相場、ロスカットは入れておかないとね。ということで
186.90円に損切りにならない程度に注文をいれて、利食いは190円に注文を入れて寝ました。

朝起きて、ポジションが消えていたのですが、チャートは190円近くに達している。
ン?利食い成功か?とぬか喜び、、、、
よくよく見たら、おそらくFOMCでの金利据え置きでの失望売りの瞬間で
ロスカットラインを串刺しにしてからの上昇、損切りにはならなかったものの、
利益のチャンスを逃していたのでした、、、、。
(YMTVの番組内で質問にお答えした際には正確なレートでの回答ではありませんでした。
すみません!)

この話をしたところ、だいまんさん、高野さんに
「こういう相場ではストップロス注文は広げておかないと駄目!!」と
叱られたのでした。私はまだまだ甘ちゃんです、、、。

しばらくはボラタイルなレンジ相場になりそうです。
ポジションは長く持つべからず、そしてストップロス注文は広げておくこと、
これは余裕資金のボリュームがない時は別ですけど、、、。

また、中途半端なところでポジション持つべからず、、ですね。
上がったら売り、下がったら買いです。
どちらでもないときには待つこと、これが勝利の法則でしょうか。
今日はどのペアを見ていてもポジションを取るタイミングに達していませんので
仕掛けナシ。ポンド円は185円前半にロング注文を置いて運が良ければ買えるかも。と 、
このくらいゆったりと構えるほうがいいでしょうね。
そして朝起きたらこれが刺さっているかどうか、これを楽しみに休みたいと思います。
下手にポジション作って悪夢を見るのはもうゴメンですもの、、(笑)

※今日はラジオ日経「マーケットトレンド」プラチナ価格の今後について
デリバティブジャパン記者三谷清人さんにお話伺いました。

原油が下がって、金が上がる(今日の東京はこんな動きになりました)
この場合プラチナ価格はどっちに連れる?答えはオンデマンド放送を聞いてくださいね。


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】
人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社