2009年1月16日金曜日

今夜はなんてボラタイル!!上へ下へと乱高下。
今日は帰りが遅くこのボラの発端となったであろう
ECB理事会の政策金利発表時にはレートを見ておらず、
ディールしていなかったというのは、きっと私にとって幸運だったのでしょう。
これ、むやみに参加してたら往復ビンタを喰らったんじゃないかしら?!

利下げ幅は0.5%これは予想の範囲ですが、その後のトリシェ総裁の発言で、
現在のインフレリスクは低下しているとしながらも
2009年後半には再び高くなる可能性があると、
これ以上さげたくないのかしら、、、と思わせるコメントをしたり、
2月5日の次の会合までは3週間しかないので政策決定に相応しくないと、
2月は利下げがないようなニュアンスのコメントをしたりで、
直後はユーロの買い戻しが進んだようです。
ところがその後、政策金利を2%にすることが限界であるとは言っていないとの発言。
え?!これで再び投売りです。クロス円もユーロに追随する格好。
結局今晩はドル円だけが値を上げてます。

家でチャート見てたらクロス円買っちゃっただろうなぁ、、、と思うのですが、
その後今日の安値付近でリバウンド。
買い方が投げたら戻ってるって形かしら、、、、恐ろしい動きです。

ではここからどう動く?

年末年始のオバマ・ユーフォリアが剥げ落ちた?!
というにはオバマ氏はまだ何も悪いことはしていない、、、とだいまんさん。

今日はFOREXRADIO

(お休みいただいてましたが今日から復帰です。関係の皆様ご迷惑をおかけしました)

オバマ就任の20日までは堅調との見方が眉唾であったことは別段不自然ではないですが、
だからといってこれはやりすぎ、売りすぎじゃないの、、という見方もできないか?

しかし、ダウを支える材料、ドルを買う材料は何もない以上、ここから買うこともできない。

ではどのような戦略で挑めばいいの?!このまま円高はどこまで進むのかしら。。。。

今日は2009年のドル円年間ストラテジーはじめ、
経団連トップ御手洗氏の介入要請発言の裏を読むなど、
話は盛り上がりに盛り上がって今回の放送は1時間40分ものスペシャルバージョン(笑)
小林さんの経験談から今日のドル円88.49円での反発の舞台裏をイメージして見るなど、
ディーラー視線でないと分からない心理戦には改めて驚かされます。為替はロマンだなぁ。
今日のオンデマンド放送はこちらから。
夜、NY時間にディーリングしながらじっくり聴いて見てくださいね。
勉強になるお話しが盛りだくさんです。

ドル円ショートは継続保有ですが、ここに来て悩み始めたのが
オージー円最終計画!で作った55.80台のロング。これ、耐えられると思う?!
ポンド円とかキウイ円はもう前回安値を割り込んじゃってますよね。
ここで切って利益を確定させるべきか、
それとも信念をもって鉄板ロングスタンスを貫くべきか、それは、、、明日考えよう。
もう寝ます。
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社