2009年4月1日水曜日

2009331日各行のドル円期末仲値は98円前半、前年度末から2円弱の円高となりました。

三菱東京UFJの仲値は98.23円。

だいまんさんがFOREXRADIOで話されていた
期末前夜の安値を買って仲値に向けて噴いたところを売る戦略は見事ヒットしました。
昨日の東京時間の96.50円までの下落の時に拾えていれば2円弱の利益となったわけです。
でもあのタイミングで拾うのは勇気がいりますよね。GM絡みの報道に売り込まれた安値でした。

私は今朝起きて97.62円で参戦。
昨晩寝る前に
96.20円くらいに指値置いていたのですがそこまで下がらず約定ならず。
起きてみて、仲値に向けてどんな動きを見せるのか観察したく
1枚乗って見たわけです。
すると買ったハナからどんどん買われ、あっという間に
98円突破!
私は
955分過ぎたところで手仕舞いましたので、98.14円で利食いに成功。
毎年仲値に向けては買い上げられるようですが、(絶対じゃないですよ)
今年もこのセオリーに則って正解でした!!
1枚と言わずどーんとハイレバで参戦すれば良かったな(笑)
ものの数十分での利益、気持ち良かったです。
こういうときに言いたくなるのは「ごちそうさま」ですね(笑)
だいまんさんに手数料払わなきゃ??

さて仲値が出た後は売られる、、、、というのがセオリーならば
今年はちょっと様相が違うようです。

東京時間に多少揺るんだものの欧州タイムからまた買われているじゃありませんか。
結局ドル円は
98.50円まで上げてます。、、、つ、強い。
でも利食い千人力ですよね?!
期末に向けての勝負はつきました。問題はここからです。

今日1530分から、、、あるいは17時過ぎからのマーケットは
もう新年度入りのフローだとのこと、仲値後に売られなかったこともあって
比較的高いところからのスタートとなったなぁとは思っていましたが、
新年度相場強い強い。今し方(
0時過ぎ)
ドル円は
99.15円ポンド円は141.80円まで噴き上げました。
ちょっとやりすぎじゃないの?!
既に利食ってしまった後だというのが悔やまれます。
この噴き上げはロンドンフィキシングに向けての動きだったようです。
そうか、この時間も注意が必要だったのね?!
迂闊に手放しで見ていたわ・-・

ポンド円は今日の仲値に向けて上昇した時に140.18円で半分手仕舞い、
その後
141円超えまで上昇となったようですが帰宅してからチャートを見たら
力なくダレてきていたので
140.38円で全て手仕舞ってしまったところでした。
帰宅後の手仕舞いの直後からポンド円は息を吹き返し
142円まで上昇となっているのですから、、、(悔)

まあいいでしょう。利益は利益です。

では新年度相場、明日からこのまま高いのでしょうか?
それともまだまだリスクを孕んでいるのでしょうか?

今日はYMTV「だいまんVS大倉の為替デスマッチ」(会員限定プログラム)

だいまんさんが4月に100円乗せ到達も有り得ると言えば、
大倉さんはまだまだ円高リスクがあって現状のマーケットは
楽観論が台頭しすぎていると警鐘を鳴らす、、、

なーんてヌルイ感じじゃなかったの(笑)
新年度相場の二人の見方は真っ向からぶつかって
凄まじい舌戦が繰り広げられたのでした。
おかげでレフリー役の私は楽できたんですけどね。
さながらテニスの試合の観客状態で二人の顔を交互に見ているだけで
90分が過ぎ去ってしまったような気が。
大倉さんはこのところの93円台96円台までのドル円急落を見事ショートで
取っていらっしゃいますが、さてこのショート戦略引き続き有効なのでしょうか?

4月からのドル円の行方、マネーの流れなど
具体的戦略をお二方にズバリ伺っていますので、
是非オンデマンド放送をご覧くださいね。

で、私はどちらサイドにつくかって?!

超目先大倉さん、中期的にだいまんさん、、、かな?!
これがどういう戦略になるかは番組チェックですよー!!

ということでポンド円141.98円、ドル円99.05円でショートです。
超短期で手仕舞う予定。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

人気ブログランキングへ


※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社