2009年4月16日木曜日

ポン様強い。

夕方に出た2月の英DCLG住宅価格は▲12.3%、前回の▲11.5%より悪化したものの、
3RICS住宅価格が▲73%と前回 78%より良かったことと、
デイリー・テレグラフ紙が「住宅市場の落ち込み、今年のクリスマスまでには終わるだろう」と
明るい見通しをしたとのことで、
イギリスの住宅市場の底入れが近いとの期待が先行している模様。

ポンドは大きく買われてポンドドルは1.5台まで上昇、今年1月以来の高値をつけました。
ポンド円も149.20円近辺まで上昇、再び150円台を伺うような動き。

住宅市場の底入れ?、、んなわけないでしょ。
この
100年に1度の金融不安、初めて下げ止まったからといって
底入れを唱えるのは時期尚早というもの。
イギリスに行ってみてきたわけではありませんが。
日本のバブルでさえアレだけかかったというのにね。
というわけでこのところの楽観論には騙されるな!!
ですが、何せ相場ですから、上がったり下がったりします。
リーマンショック以降の暴力的な下落から一服したところですから、
しばらくは何か買う材料を探したい地合いなのかもしれません。
下げ幅が大きければ揺り戻しだって大きくなりますものね。
じゃあ、何処まで戻れば気が済むかがわからない。。。。

ポン様は150円とか160円なんかは戻しても不思議はない水準ですものね。
しかしながら今回の波動でこのまま150円突破の力はないと見た?!

148.52円でショートしてみました。146円まで下げれば御の字。
146円から149円のレンジっぽいですよね。
どうも上に放れそうな予感がするのですが、一度下げてからじゃないかしらー(思いつき)
今日の上げはちょっと投機的な気がするんです。

同じくドル円も1度下げる気がするのですが、、、、確信はない!
おやすみなさい。

お暇ならこちらも♥金融株と原油が?!
          
 そのPRはちょっと、、、

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社