2009年5月12日火曜日

このチャート、何だと思いますか?

株をやる方ならすぐにわかりますね、そう日経平均。

見事に(1)(2)(3)の数字が打たれたところから相場が転換、あるいは加速しています。
これが重要変化日。
アストロロジーからマーケットを考察するレイモンド・メリマン氏が
2009年の重要変化日として上げている
12326日、369日、420日(恐らく27日まで)にピタリ合致しています。

(チャートはラジオNIKKEIサイトより)

うーん何故アストロロジーで相場の転換日がわかるのだろう?!
本当に不思議ですが、メリマン氏の重要変化日はプロ・アマ問わず
マーケット関係者には幅広く注目されています。
皆川さんよると市場は人間の心理が動かすもの。
そしてその人間の心理に天体が大きく影響するということで、
マーケットだけではなく政治や紛争などのあらゆる事柄がアストロロジーから
考察が出来るんです、、、。
一般的にも満月とか、新月とかいいますよね。簡単に言えば
月や太陽だけではなくあらゆる惑星に意味があると言う事ですね。
うーん神秘的!
今年前半は金星の逆行がマーケットに大きく影響しました。
ユーロドル相場なんかモロに、、、、。

さてこの重要変化日、
日経平均だけでなく、メリマン氏は「フォーキャスト
2009」書籍の中でダウ平均、
ユーロ・ドル円などの通貨、商品相場など幅広い市場において
重要変化日を上げて先行きを解説しています。
「フォーキャスト
2009」が書かれたのは昨年暮れ。
1年先までの変化日を明記しているのですから驚きます。

今日は「メリマン・スペシャル~2009年後半を読む!」の収録がありました。
ラジオNIKKEIによるメリマン氏への独占最新インタビューを聞きながら
マーケットエコノミストの皆川弘之さんに解説いただいたのですが、
この先相場は短期的見方と中長期的見方が違うんです、、、。
詳しくは是非ラジオNIKKEIで
14日木曜日16時~オンエアされるダイジェスト特番を聞いてみてください。
特番ではメリマン氏インタビューの一部が聞けます。
通貨についての展望も完全版商品には収録されています。

 収録を終えて帰宅してみると、あれれークロス円崩れてるじゃありませんか。

なんでしょうー何かありました?
特にきっかけとなるようなニュースが出たわけではなさそうですが?!
確か今週は15日から米国債の四半期の利払い・償還が予定されている為、
円高圧力に注意とだいまんさんが指摘していましたが、まだ
15日までは時間がありますし、、、。

と頭の中には?マークが浮かんでいたのですが。

しかーし、私はポンド円を売りたくてうずうずしていたので、飛び乗りました。
147.82円、、、飛び乗るには遅かったかしら?

日足のストキャを見ても売り転換していますし、
4時間足では結構前からダイバージェンスとなっていましたものね。
それに騙されて先日踏まれたわけですが、
今度こそちょっと大きな調整が入ると読んだのですがどうでしょう?

そうそう、先週の雇用統計、やはりドル売りの流れとなりましたね。
数字自体は事前予想より悪くなかったのに、、、です。
どうも2月分3月分が下方修正されたことが嫌気された模様。
といいますか。今回ばかりは雇用統計前に上げすぎでした。

メモ書きとして雇用統計の数字置いておきます。

4月失業率8.9%(事前予想8.9%) 
非農業部門雇用者数▲53.9万人 (▲60万人) 
 *前回修正
3月非農業部門雇用者数▲66.3万人→▲69.9万人
2月非農業部門雇用者数▲65.1万人→▲68.1万人

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社